北海道地震「7つの前兆と予知」とは!? 磁石の落下、ハムスターの異常… 次は3月21日前後のスーパームーンに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 2月21日21時22分、北海道・胆振地方中東部を震源とするM5.8、最大震度6弱の地震が発生したが、これは筆者が年初から警告していた2月20日のスーパームーン直後に起きたものだった。また、この地震はオランダの著名な地震予知研究者フランク・フッガービーツ氏や、TOCANAで連載中の占い師・Love Me Do氏も予測していたが、他にもいくつかの前兆現象があったことが判明している。それらを紹介するとともに、次のスーパームーン(3月21日)も大地震に警戒しなければならないことを解説する。

画像は「ANNnewsCH」より引用

■占い師や地震研究家の予言がガチ的中!

 今回の地震は、震源の深さが33kmと、昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震(M6.7、最大震度7、深さ37km)と、深さも震源もほぼ同じであることから、北海道胆振東部地震の余震であると発表された。道内各地で断水、JRの運行停止など交通機関の乱れによる帰宅困難などの問題が生じて混乱が広がった。

 後述するように、筆者はスーパームーン直後の21日に「最大限の注意を」とブログやSNSで警告していたが、他にもLove Me Do氏やフッガービーツ氏も事前に予測していた。まず、Love Me Do氏だが、自身のオフィシャルブログ「黄金のリンゴ」の「18日の運勢」と題した記事で、「2月18日~2月23日辺りは、地震や噴火や竜巻や土砂災害や雪など、何らかの災害にも注意の日です」と記していた。フッガービーツ氏は、7日に自身のウェブサイト「DITRIANUM」で、「17~21日は極めて重大で、M7~8超の潜在力があり、特に19~21日は最も決定的な(critical)期間です」と警告していた。規模こそ及ばなかったが、胆振東部地震における最大クラスの余震となった。

■スーパームーンと天体配置も示唆!

 さて、筆者は1月5日の記事で、2019年が“巨大地震ラッシュ”になる根拠として、月の位相と天体配置を挙げた。そのうち、月の位相については、今年は6回と数多く発生する「スーパームーン」を重視し、特に1/21・2/20・3/20と3回続く満月は、月が特別に地球に接近するため危険度が増すと警告した。恐らくLove Me Do氏とフッガービーツ氏も、地震予測にあたっては占星術的手法を取り入れているため、筆者同様にスーパームーンを意識していたと思われる。

 もっとも、筆者の予測は、必ずしも占星術の理論に沿った手法ではないのだが、これまでの研究の結果として、ある特定の「天体配置」の時に大地震が発生しやすい傾向にあることを見出している。そこで今回の2月20日前後の天体配置を調べたところ、翌日の21日に警戒すべき位相が表れることがわかっていた。占星術でいうところの「調停アスペクト」と「Tスクエア」のアスペクト(角度)が混在していたのだ。

2月21日の天体配置(画像提供:百瀬直也)

 太陽系天体の詳しい配置についての解説は割愛するが、「調停アスペクト」は過去の巨大地震発生時にもっともよく見られるパターンであり、「Tスクエア」もまた大地震の時によく見られる配置であり、そこにスーパームーンの影響も加味して21日を「最も注意すべき日」と導き出したわけだが、まさにその日に北海道で大地震が起きてしまったのだ。

コメント

8:匿名 2019年2月25日 15:18 | 返信

占星術はオカルトではあるが馬鹿にできない
学べば学ぶほどそう思えてくるものがある

7:匿名 2019年2月25日 08:52 | 返信

しっかり外しといて後になってから捏造して当たってると嘘ぶいてもみんな嘘だとちゃんと分かってるからな!

6:匿名 2019年2月25日 08:36 | 返信

関東で地震が起こると予測したのに北海道で起こったということは、
速い話が「またしても大ハズレ」だったということだな。

5:匿名 2019年2月25日 05:23 | 返信

ニホンジンの平和ボケも今年で終わるんかね?
いいや、終わらねえ。ニホンジンは他国と戦争しようが気がつかず、巨大地震が起きても気がつかず、何故自分が病気なのかも気がつかず、何故生き何故死ぬかもわからないそんな民族。
何故か?ニホンジンはアホンジンであり、究極的なアホであり、自身ではそう思えぬからこそアホであり、指摘されれば逆ギレし、逆に自分はマトモで賢い人間だと錯覚しているそれがアホンジンである。もちろん日本人ではないし、ひょっとすると人間ですらないかもしれない。

4:匿名 2019年2月25日 00:02 | 返信

1月21~22日のスーパー・ブラッド・ウルフムーンとやらで
思いっきり外しといて凝りもせずにまたスーパームーンか
狼少年そのものだな

3:匿名 2019年2月24日 20:11 | 返信

相次ぐ地震は、2019年3月3日に国際ファッションセンター・KFCホールで予定しているESP科学研究所(代表 石井美津子)、株式会社イー・エス・ピー・東京本部による東京スカイプ指導会が犯人です。この会社の指導会やセミナーのたびに日本を含め世界各地で事件事故や火災、地震や台風災害、大雨や大雪による災害死者数が急増しています。改正組織的犯罪処罰法が施行されましたので、この会社とこの会社の関連施設を厳重に処罰してください。この会社が拉致やテロの組織的犯罪集団です。

2:匿名 2019年2月24日 13:44 | 返信

磁石落下装置のアイデアは誰でも簡単に出来てイイね!

1:匿名 2019年2月24日 12:35 | 返信

そんなことより、イルカの大群だ。
早く南海トラフ地震の予兆だってネタを書け!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。