元祖シリアルキラー「テッド・バンディ」に関するマジで不気味な証言の数々とは!? 5人の関係者が告白…絶賛する者も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■デボラ・ハリー

画像は、「The Telegraph」より

 1970年代後半に活躍したバンド「ブロンディ」のボーカルであるデボラ・ハリーは、テッドのターゲットになったことがあるという。デボラはその時のことを「1970年代初頭、深夜に歩いていたらフォルクスワーゲン・ビートルに乗った男から声を掛けられた」と振り返っている。

 さらに続けて「男は車に乗るように言ってきたけど、私は最初ノーと言い続けた」「けれどタクシーが捕まらなかったので、結局ビートルに乗ることにした」と証言。その後、車に乗り込んだデボラは“隣の男から強烈な悪臭がすること”と“車の内側にドアハンドルが無いこと”に気づいた。身の毛がよだったデボラは、窓から手を出して外側のドアノブを使って車から脱出することに成功。そしてのちにニュースで、車に乗っていた男の名前がテッド・バンディであることを知った。

画像は、「WIKIMEDIA COMMONS」より

コメント

2:匿名 2019年3月18日 10:55 | 返信

そのうちニホンは早起きしただけで逮捕される『早起き罪』とかマジでできそう。それぐらい今のニホンの社会は狂っている。管理している側は自分らが狂っているとは微塵も思っていないらしいが。

1:匿名 2019年3月17日 16:45 | 返信

映画「凶悪」や「アウトレイジ」にピエール瀧がキャスティングされたのは結構当たってるかも

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。