元祖シリアルキラー「テッド・バンディ」に関するマジで不気味な証言の数々とは!? 5人の関係者が告白…絶賛する者も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 1974年から1978年の間に7つの州で少なくとも30人の女性を殺害した、アメリカの連続殺人犯であるテッド・バンディ。彼のターゲットは若い女性で、被害者は強姦された上に殺害された者も多い。死体に凌辱的な行為も行っていたテッドの残忍な犯行の数々は、アメリカの犯罪捜査と法律に大きな影響を与えた。今回は“シリアルキラー”という言葉が生まれるキッカケになったテッドに、実際会ったことのある人たちの証言をご紹介していこう。

 

■アン・ルール

画像は、「WIKIPEDIA」より

 1971年に、アメリカ・シアトルの自殺防止ホットラインセンターで働いていた女性アン・ルールは職場でテッドと出会う。彼女は元警察官で、犯罪ルポライターになる夢を持っていた。そしてテッドが逮捕された後の1980年に、ルールはテッドの伝記である“The Stranger Beside Me”(『私のそばの他人』)を発表することに。

 同書はテッドについて書かれた伝記の中で、最も有名なもののひとつ。彼女はその中でテッドについて、「親切で気遣いもできて、親身になってくれる」「もし私が独身ならば、もし私の娘がもう少し年齢を重ねていれば、パートナーになる上でこれほど完璧な男性はいないだろうと思った」と述べている。どこか人を魅力する彼の裁判には、“ファン”の女性が大勢詰めかけていたそうだ。しかしアンは、テッドについて「サディスティックなソシオパスで、自分以外の人が苦しんだり、被害者を支配することに喜びを覚えていた。死ぬまで、そして死後でさえも」と表現している。

画像は、「WIKIPEDIA」より
人気連載
あの人が求めている“浮気相手”がわかる4択「穴占い」! SEX、ガス抜き、刺激… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言

あの人が求めている“浮気相手”がわかる4択「穴占い」! SEX、ガス抜き、刺激… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言

■あの人が求めている“浮気相手” 「“穴の開いた食べ物”...

人気連載
「あなたが蔑ろにされる理由」がわかる4択占いテスト! 関係改善するために… Love Me Doが解説!

「あなたが蔑ろにされる理由」がわかる4択占いテスト! 関係改善するために… Love Me Doが解説!

■相手があなたを蔑ろにしてしまう理由 「あなたのパートナ...

コメント

2:匿名 2019年3月18日 10:55 | 返信

そのうちニホンは早起きしただけで逮捕される『早起き罪』とかマジでできそう。それぐらい今のニホンの社会は狂っている。管理している側は自分らが狂っているとは微塵も思っていないらしいが。

1:匿名 2019年3月17日 16:45 | 返信

映画「凶悪」や「アウトレイジ」にピエール瀧がキャスティングされたのは結構当たってるかも

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。