元祖シリアルキラー「テッド・バンディ」に関するマジで不気味な証言の数々とは!? 5人の関係者が告白…絶賛する者も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■ジョン・ヘンリー・ボーヌ

画像は「WIKIPEDIA」より

 ジョン・ヘンリー・ボーヌは、テッドの元弁護士。1975年にテッドに初めて会ったジョンは、彼が「生まれながら悪である」ことを悟る。ジョンとの接見でテッドは不誠実な態度をとったため、ジョンは直観的にテッドが真実を話していないことがわかった。そしてテッドはジョンに「あなたが私の弁護士であり続けてきた理由は、私たちはとても似ているからです」と語りかけたという。

 結局テッドの弁護士は何回も交代となり、1977年にはテッド自ら弁護士として法廷に立ったこともある。その時は立場上、手錠と足かせの着用免除が認められた。そして休憩中にテッドは、「判例を研究したい」と申し入れて裁判所の図書館へ。その後、書棚の後ろに隠れて窓を開けると2階から飛び降りて脱走を図っている。結局6日後に捕まったテッドは1979年に有罪判決が下され、死刑判決が言い渡された。後の裁判を含め、テッドにはフロリダ州の殺人だけで3回の死刑が宣告されている。

画像は、「WIKIPEDIA」より

コメント

2:匿名 2019年3月18日 10:55 | 返信

そのうちニホンは早起きしただけで逮捕される『早起き罪』とかマジでできそう。それぐらい今のニホンの社会は狂っている。管理している側は自分らが狂っているとは微塵も思っていないらしいが。

1:匿名 2019年3月17日 16:45 | 返信

映画「凶悪」や「アウトレイジ」にピエール瀧がキャスティングされたのは結構当たってるかも

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。