林眞須美は冤罪! 毒カレー事件の真犯人はこいつだ! 死刑囚取材人・片岡健インタビュ―! 殺人犯は目が綺麗、低身長、トイレ汚いの真相も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 凶悪犯罪ジャーナリスト片岡健が語る!

 昨年、オウム真理教の教祖・松本智津夫(麻原彰晃)ら元幹部13人の死刑が執行された。「オウム大量死刑」は世界的なニュースになったこともあり、近頃、死刑の是非についての関心も広がっている。

 死刑とは極刑とも呼ばれ、凶悪犯罪を犯したものに下される最も重い刑罰だ。年々、犯罪件数が減っているとはいえ、現在の日本には100人超えの死刑囚がいる。拘置所に収監されている死刑囚は我々とは隔絶された世界におり、まったくといっていいほど接点がない謎の存在でもある。

 凶悪犯罪者ジャーナリスト歴12年である片岡健氏は、不可解な死刑囚の素顔を知る稀有な男である。取材した死刑囚が約30人に迫る片岡氏はこのほど、世間を震撼させた殺人鬼の素顔に迫る『平成監獄面会記 重大殺人犯7人と1人のリアル』(笠倉出版社)を上梓した。

画像は「Amazon」より引用

 同書では片岡氏がこれまで実際に会った死刑囚をはじめとする重大殺人犯たちのなかで、個性が際立っていた「7人と1人」を克明に描いている。  

~~~本書に登場する「7人と1人」~~~

小泉毅(面会場所・東京拘置所)
元厚生事務次官宅連続襲撃事件(平成20年)——「愛犬の仇討ち」で3人殺傷

植松聖(面会場所・横浜拘置支所)
相模原知的障害者施設殺傷事件(平成28年)——19人殺害は戦後最悪の記録

高柳和也(面会場所・大阪拘置所)
兵庫2女性バラバラ殺害事件(平成17年)——警察の不手際も大問題に

藤城康孝(面会場所・大阪拘置所)
加古川7人殺害事件(平成16年)——両隣の2家族を深夜に襲撃

千葉祐太郎(面会場所・仙台拘置支所)
石巻3人殺傷事件(平成22年)——裁判員裁判で初めて少年に死刑判決

筧千佐子(面会場所・京都拘置所)
関西連続青酸殺人事件(平成19~25年)——小説「後妻業」との酷似が話題に

上田美由紀(面会場所・松江刑務所)
鳥取連続不審死事件(平成16~21年)——太った女の周辺で6男性が次々に……

新井竜太(面会場所・東京拘置所)
横浜・深谷親族殺害事件(平成20~21年)——無実を訴えながら死刑確定

 そして、登場する殺人犯の人数を「8人」とせずになぜ「7人と1人」という言い回しにしているのか?

 本書を読めば、あなたは今後、事件報道や凶悪犯罪についての見方が変わるであろう。

 TOCANAでは、片岡健氏に全出版記念インタビューを全4回に渡って敢行。知られざる死刑囚のリアルな世界に踏み込んでいく。

 

片岡健氏

 

■和歌山毒カレー事件への疑問

 

——片岡さんが死刑囚に興味を持ったきっかけは何でしょうか?

片岡 和歌山毒カレー事件の林眞須美を取材したのがきっかけですね。いろいろ事件のことを調べているうちに「冤罪じゃないか?」と思いました。それで実際、眞須美に会ってみると報道されているような「平成の毒婦」というイメージとは違うなと感じたのです。

参考記事:報道内容と違うではないか! 【毒カレー死刑囚】林眞須美と会って深まる“印象操作・冤罪”疑惑!

——眞須美ってどんな人なのでしょうか?

片岡 明るいおばはんという感じですよね。刑が確定したら会えないですから、死刑が確定した今はもう会えないですが。

——会って話した感じだと「眞須美は犯人じゃない」という印象ですか。

片岡 そうですね。僕も何人か紹介して眞須美に会わせたりしましたけれど、みんな「心証としてシロだよね」って言っています。

 

■和歌山毒カレー事件の眞須美は冤罪!?真犯人はこいつだ!

林眞須美。画像は「BBC」より引用

 

——ネットに流れている情報だと、真犯人は眞須美の娘だという説がありますね。眞須美が娘をかばっているという……。

片岡 最近、眞須美の冤罪説が高まっていますよね。娘説が流れていますけれど、娘じゃないですね。

——じゃあ真犯人は誰でしょうか?

片岡 「この人かな?」と思う人はいますけれど。

——みんなその人を怪しんでいるんでしょうか? その人は生きていますか? 男ですか? 女ですか?

片岡 事件を取材した人たちの間では怪しまれていますよね。生きていますね。その人が男なのか、女なのかはここだけの話にして欲しいのですが、●です。

——片岡さんは、その人に会ったことはあるんですか?

片岡 まあ、すれ違ったことぐらいはありますよね。ただ、その人も「殺そう」と思ってやってないと思うんですよ。「このやろう!」という軽い気持ちで、身近にあった白い粉を毒だとわからずに入れたんじゃないですか。

 なので、あまり深く考えずにやったんだと思います。だってあんなことするメリットってないですものね。

 ただ、証拠がないので……。

——他に怪しい人間もいるのに、死刑が確定した眞須美はもうどうにもならないのでしょうか?

片岡 だから今、再審請求していますけれどね。

コメント

6:匿名 2019年9月16日 18:57 | 返信

>> 4

あどけない、という言葉が文章に出てくるけど一般論だと思うよ。

文章を読み解いたらなんとなく若いような感じ、推測はそのへんで止めるぐらいがいいと思うよ

5:匿名 2019年3月3日 04:30 | 返信

用済みのJJI はおたきあげ
関東のデブス=き〇ま か〇えが
入ってない!

4:匿名 2019年3月2日 17:32 | 返信

眞須美じゃないその本当の犯人はあどけない特徴か。覚えておこう。

3:匿名 2019年3月2日 16:59 | 返信

※2
この民族というのはちょうどお前のようなやつのことだ。
自国のことを知っているようで本当はまったく知らずそのことを指摘されようものなら逆ギレするか理解できないのでポカーンとするかのどちらか。
ところで田布施って何か知ってますか?

2:匿名 2019年3月2日 16:36 | 返信

※1
「この民族」とは韓国の事か
後半は意味不明だが、それなら実に納得の文章だな
まぁあいつ等もう既に、勝手に滅びそうだけど

1:匿名 2019年3月2日 16:19 | 返信

最近安倍晋三を応援したほうがよい気がしてきた。この民族は間違いなく滅んだほうがよい。そしてそのためにひたすら頑張っているのが安倍晋三といえる。日本人はバカだからいまだに保守だと思ってるらしいが。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。