2歳の天才画家が誕生、すでに250万円の価値でバカ売れ中! 個展も開催「小さなピカソ」がスゴい、制作動画も…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

 世界には多くの天才少年・少女がいるが、今回ご紹介するのは、なんと“2歳”の天才幼女だ。

 米放送局「CBS New York」(2月27日付)によると、米国に住むローラ・ジューンちゃん(2)は、その天才的な絵画センスから小さなピカソと呼ばれ世界中から注目されているという。

画像は「CBS New York」より引用

 

 ローラちゃんは2歳ながらすでに個展まで開くほどの売れっ子で、その絵は数百ドル~数千ドルで取引されているそうだ。彼女の才能を見抜いたのは、両親の友人で画家のパジティム・オスマナジさん。ローラちゃんの作品を一目見た瞬間から大ファンになり、個展の開催に人力したという。

「ローラの絵は大好き。ぜひ皆さんにも彼女の作品を見てもらいと思ったんです」(オスマナジさん)

 ローラちゃんの個展「Hope: A Collection of Paintings」は、ニューヨーク・マンハッタン市ユニオン・スクエアにあるギャラリー「ChaShaMa」で開催された。30余りのローラちゃんの作品は400ドル~23,000ドル(約4万~250万円)という高値だが、その3分の1が売れたというから驚きだ。

動画は「YouTube」より引用

 

画像は「New York Post」より引用

 

 さまざまな色が縦横無尽に描かれているローラちゃんの作品は極めて抽象的である。アール・ブリュット(精神病患者の芸術作品)のような攻撃性はなく、その温かな色調はどちらかと言えばアール・イマキュレ(ダウン症患者の芸術作品)を髣髴とさせる。調和の取れた色の中に、クレヨンの落書きのような乱雑な線が紛れ込んでいるのも、また子どもらしくて愛嬌がある。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年3月2日 18:59 | 返信

ゴミ チラシの裏

1:匿名 2019年3月2日 11:06 | 返信

この絵にお金出すなんてどうかしてるぜ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。