【陰謀論】『アナと雪の女王』が制作された“本当の理由”とは!? ディズニー蘇生計画、ネット支配、タバコ… ヤバすぎる噂が判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

■ディズニーの徹底したキャラクターイメージ管理

 ディズニーは設立から今日まで、徹底した“イメージ戦略”を敷くことで今日の繁栄を築いてきたといえる。いわゆる“キャラクタービジネス”にいち早く着手して、ミッキーマウスをはじめとする幾多の人気キャラクターを厳重に管理し莫大な収益を得てきた。

 このキャラクタービジネスにおいて厳に戒められているのが、キャラクターとそれに付随するものについてのイメージの低下である。

 実はウォルト・ディズニーは生涯を通じてのヘビースモーカーで、生前の彼の姿をとらえた少なくない写真で、右手の指に紙巻タバコが挟まれていた。ディズニーランドで撮影されたウォルトの写真の中にも指にタバコを挟んだ姿があったのだが、そうした写真をディズニー側はイメージダウンにつながるとして、写真を加工・修整して指から紙巻タバコを取り除く処置を施していたことが後に確かめられている。

画像は「YouTube」より

 映画情報メディア「Screen Rant」のYouTube動画によれば、初期のディズニーランドの敷地内には特殊任務を任され黒スーツに身を包んだMIB(メン・イン・ブラック)のチームが巡回していて、園内でのディズニーのイメージダウンにつながる出来事に素早く対処し、来場客の目になるべく触れさせないための徹底した隠蔽が行われていたという。

 ディズニーアニメのキャラクターであるグーフィーはイベントの中でプールに浮かべたボートの上など水辺に立つことがあるのだが、もし水に落ちて溺れてしまっても観客の前では着ぐるみを脱がすことができないと定められているという。泳ぎの達者な者でも、着ぐるみを着たまま水の中へ落ちれば思うように身動きができずにかなりの確率で溺れてしまうだろう。

 そして、もし観客の前で救出されて着ぐるみを脱がされれば、見ていた子どもたちはショックを受けると共に大きな失望を抱きイメージダウンに直結する。そうした非常事態が起きた場合、“MIB”が駆けつけてきて問題のキャラクターをすぐさま観客の目の届かないところへ運ぶというのだ。

 着ぐるみの中に入る者(キャスト)は、あらかじめこの条件を知らされて同意のサインをしなければならないとも言われている。

ウォルト・ディズニー 画像は「Wikipedia」より

 こうした徹底したキャラクターイメージの管理が行われているディズニーワールドだけに、今回の“アナ雪陰謀論”もあながちあり得ない話ではないと一部では囁かれているようだ。ちなみに“アナ雪”の続編となる『Frozen2』は今年11月22日に全米公開を予定している。とすればますます「ウォルト・ディズニー冷凍保存説」は風化していくのだろうか。まさかこの“名誉挽回”のアイディアは、すでに蘇生したウォルト・ディズニーによるものであったりして……!?


参考:「Screen Rant」、ほか

文=仲田しんじ

コメント

8:匿名 2019年3月14日 02:32 | 返信

>> 7

1です

スルーもそうですが、軽くあしらったり、かまってあげる方が逆におもしろいですよ。
ただし攻撃的にはなってはいけませんw

7:匿名 2019年3月14日 00:01 | 返信

6よ、ガイキチには何を言っても無駄だ。
常にスルーをしましょうw

6:匿名 2019年3月13日 01:19 | 返信

>> 5

1です

その通りですね、ありがとうございます、お医者様。
あなたもあなたでアホのフリをしてトカナ民をバカにしてないでなすべきことをなさられてはいかがですか?業務は山ほどたまっているでしょう?それとも目の前の業務から目を背けたいからトカナに来られるのでしょうか?

5:トランプ大統領 2019年3月13日 01:08 | 返信

>> 1

ミッキーマウスはネズミ人間である。それに真っ黒じゃないだろう。
顔は白かじゃ肌色ではないか?
昔は白黒画像だったから、白と黒しか使えなかったはずだ。
そのままの形で残っているだけだろう。そこまで特別な意味はないと思う。
ミッキーと言えば、小池知事は特にミッキーマウスを探していたな。
ミッキーが敵であるとしている。私にとってネズミ野郎は敵だ。
11月18日は創価学会の創立記念日でイヤホンの日だ。
声優ユニット、イヤホンズは創価である。
だがディズニーではなく、サンリオピューロランドでライブをやり、イベントのテーマ曲を担当していた。イヤホンズは声優ユニットという狭い世界でやっているし、ディズニーで使えるほど知名度も人気もある訳ではないからサンリオのイベントでしか使えなかったのだろう。
イヤホンズと同じ配色の声優ユニットTrySailの方が人気があるがやはり狭い世界でしか通用しない為、ディズニーでは使われないだろう。まぁそんなことはどうでもいい。
ディズニーが冷凍保存されてクローンで蘇ることも出来るというのはテレビでやっていたはずだ。
見ていないのか?それがアナ雪と直接関係がある訳ではない。
あれは私の擬人化したものだ。アナとエルサは両方私のキャラである。弟の姉がふざけた替え歌を歌っているのは私が気に入らないからだ。奴はチョンだ!ロボットであり人間では無い。
ちなみにスティッチも私のキャラなので覚えておくように。
ディズニーが私の擬人であるというならば、そうなる場合もあるだろう。奴がパペットとして動かしているので奴の使っていたのが急に私になったりするしその逆もある。ややこしいのだ。

4:匿名 2019年3月12日 23:51 | 返信

解凍して生き返って何か出来るの?浦島太郎だろ!

3:匿名 2019年3月12日 22:29 | 返信

ウォルト・ディズニーが冷凍保存されている噂とミッキー法(著作権延長法)は何か関係ありそうな感じワクワクしますね

2:匿名 2019年3月12日 19:28 | 返信

アメリカ映画は戦前から素朴なタイトルが多い。
見出しに陰謀論とうたってる時点でやっつけ記事が見え見えだ。
しんじ、しっかりしろ!

1:匿名 2019年3月12日 18:10 | 返信

ウォルト・ディズニー自身が熱心な悪魔崇拝者(イルミナティ)だと言われているからわざわざ調べるまでもない。
ちなみにミッキーマウスの誕生日は11月18日だそうですが、この数字見て「あっ!」と気がついた人は勘のいい人かもしれません。
ミッキーマウスはパッと見、ネズミには見えませんが、本当はなんなんでしょうね?(笑)何故あんなにも真っ黒なのか?(笑)誕生日と何か関係があるのでしょうか?(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。