【陰謀論】『アナと雪の女王』が制作された“本当の理由”とは!? ディズニー蘇生計画、ネット支配、タバコ… ヤバすぎる噂が判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 2013年に全米で公開され大ヒットしたディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』だが、その原題が『Frozen(冷凍)』という、なんともシンプル過ぎる(!?)タイトルだったことに何か違和感を感じなかっただろうか……。

 

■『アナと雪の女王』に“陰謀論”

 日本では2014年3月に公開され、主題歌の「Let It Go」も大ヒットし、“アナ雪現象”という言葉さえ生まれたディズニーアニメ『アナと雪の女王』になんと“陰謀論”が囁かれている――!?

 この“アナ雪陰謀論”には伏線がある。ディズニーの創業者としてまさに“レジェンド”な存在であるウォルト・ディズニーは1966年に肺がんで亡くなっているのだが、彼の死後、不気味な噂が広まっていたのである。盛大に行われた葬式の棺の中は実は空っぽで、実際のところウォルトは人体冷凍保存されていて、医学の進歩により将来息を吹き返す日がくるという風説である。

「Screen Rant」の記事より

 この不気味な噂がどうして“アナ雪陰謀論”につながるのか? それは原題の『Frozen(冷凍)』という、やや拍子抜けするほどの素朴な(!?)タイトルにある。

 つまり、ウォルトの“冷凍”保存が都市伝説となって以来、インターネットの検索で興味本位に“disney(ディズニー)”と“frozen(冷凍)”でAND検索をするネットユーザーが増えてきたのである。

 こうしてネット時代になっても一人歩きしてしまったウォルト・ディズニーの冷凍保存説だが、レジェンドたる創業者のイメージの悪化をなんとしてでも回避したいディズニー側が放った起死回生のアイディアが、今後大ヒットし、ディズニーアニメ史に残ること間違いなしの作品のタイトルを“Frozen”にするという奇想天外の一手であったというのだ。

 別の意味でもディズニーの“肝煎り”で製作された『アナと雪の女王』は、ご存じのように世界中で大ヒットし主題歌の「レリゴー」(日本語版「レット・イット・ゴー~ありのままで~」)も世界中で口ずさまれるヒットソングとなった。そしてディズニー側の目論見も功を奏し現在、例えばグーグルで「disney」と「frozen」でAND検索すれば、検索上位にくるのは軒並み“アナ雪”の話題ばかりである。冷凍保存の話題は、まんまと検索下位に押しやられてしまっているのだ。

 もしも“アナ雪”がウォルト・ディズニーの“名誉挽回”のために製作されたのだとすれば驚くばかりだが、実際にその甲斐があったのだとすれば、この“アナ雪作戦”は実に見事なものといえる。しかし、そんなことが本当にあり得るのか。

 

コメント

8:匿名 2019年3月14日 02:32 | 返信

>> 7

1です

スルーもそうですが、軽くあしらったり、かまってあげる方が逆におもしろいですよ。
ただし攻撃的にはなってはいけませんw

7:匿名 2019年3月14日 00:01 | 返信

6よ、ガイキチには何を言っても無駄だ。
常にスルーをしましょうw

6:匿名 2019年3月13日 01:19 | 返信

>> 5

1です

その通りですね、ありがとうございます、お医者様。
あなたもあなたでアホのフリをしてトカナ民をバカにしてないでなすべきことをなさられてはいかがですか?業務は山ほどたまっているでしょう?それとも目の前の業務から目を背けたいからトカナに来られるのでしょうか?

5:トランプ大統領 2019年3月13日 01:08 | 返信

>> 1

ミッキーマウスはネズミ人間である。それに真っ黒じゃないだろう。
顔は白かじゃ肌色ではないか?
昔は白黒画像だったから、白と黒しか使えなかったはずだ。
そのままの形で残っているだけだろう。そこまで特別な意味はないと思う。
ミッキーと言えば、小池知事は特にミッキーマウスを探していたな。
ミッキーが敵であるとしている。私にとってネズミ野郎は敵だ。
11月18日は創価学会の創立記念日でイヤホンの日だ。
声優ユニット、イヤホンズは創価である。
だがディズニーではなく、サンリオピューロランドでライブをやり、イベントのテーマ曲を担当していた。イヤホンズは声優ユニットという狭い世界でやっているし、ディズニーで使えるほど知名度も人気もある訳ではないからサンリオのイベントでしか使えなかったのだろう。
イヤホンズと同じ配色の声優ユニットTrySailの方が人気があるがやはり狭い世界でしか通用しない為、ディズニーでは使われないだろう。まぁそんなことはどうでもいい。
ディズニーが冷凍保存されてクローンで蘇ることも出来るというのはテレビでやっていたはずだ。
見ていないのか?それがアナ雪と直接関係がある訳ではない。
あれは私の擬人化したものだ。アナとエルサは両方私のキャラである。弟の姉がふざけた替え歌を歌っているのは私が気に入らないからだ。奴はチョンだ!ロボットであり人間では無い。
ちなみにスティッチも私のキャラなので覚えておくように。
ディズニーが私の擬人であるというならば、そうなる場合もあるだろう。奴がパペットとして動かしているので奴の使っていたのが急に私になったりするしその逆もある。ややこしいのだ。

4:匿名 2019年3月12日 23:51 | 返信

解凍して生き返って何か出来るの?浦島太郎だろ!

3:匿名 2019年3月12日 22:29 | 返信

ウォルト・ディズニーが冷凍保存されている噂とミッキー法(著作権延長法)は何か関係ありそうな感じワクワクしますね

2:匿名 2019年3月12日 19:28 | 返信

アメリカ映画は戦前から素朴なタイトルが多い。
見出しに陰謀論とうたってる時点でやっつけ記事が見え見えだ。
しんじ、しっかりしろ!

1:匿名 2019年3月12日 18:10 | 返信

ウォルト・ディズニー自身が熱心な悪魔崇拝者(イルミナティ)だと言われているからわざわざ調べるまでもない。
ちなみにミッキーマウスの誕生日は11月18日だそうですが、この数字見て「あっ!」と気がついた人は勘のいい人かもしれません。
ミッキーマウスはパッと見、ネズミには見えませんが、本当はなんなんでしょうね?(笑)何故あんなにも真っ黒なのか?(笑)誕生日と何か関係があるのでしょうか?(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。