『アナと雪の女王』が制作された“本当の理由”とは!? ディズニー蘇生計画、ネット支配、タバコ… ヤバすぎる噂が判明!

 2013年に全米で公開され大ヒットしたディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』だが、その原題が『Frozen(冷凍)』という、なんともシンプル過ぎる(!?)タイトルだったことに何か違和感を感じなかっただろうか……。

■『アナと雪の女王』に“陰謀論”

 日本では2014年3月に公開され、主題歌の「Let It Go」も大ヒットし、“アナ雪現象”という言葉さえ生まれたディズニーアニメ『アナと雪の女王』になんと“陰謀論”が囁かれている――!?

 この“アナ雪陰謀論”には伏線がある。ディズニーの創業者としてまさに“レジェンド”な存在であるウォルト・ディズニーは1966年に肺がんで亡くなっているのだが、彼の死後、不気味な噂が広まっていたのである。盛大に行われた葬式の棺の中は実は空っぽで、実際のところウォルトは人体冷凍保存されていて、医学の進歩により将来息を吹き返す日がくるという風説である。

『アナと雪の女王』が制作された本当の理由とは!? ディズニー蘇生計画、ネット支配、タバコ… ヤバすぎる噂が判明!の画像1
「Screen Rant」の記事より

 この不気味な噂がどうして“アナ雪陰謀論”につながるのか? それは原題の『Frozen(冷凍)』という、やや拍子抜けするほどの素朴な(!?)タイトルにある。

 つまり、ウォルトの“冷凍”保存が都市伝説となって以来、インターネットの検索で興味本位に“disney(ディズニー)”と“frozen(冷凍)”でAND検索をするネットユーザーが増えてきたのである。

 こうしてネット時代になっても一人歩きしてしまったウォルト・ディズニーの冷凍保存説だが、レジェンドたる創業者のイメージの悪化をなんとしてでも回避したいディズニー側が放った起死回生のアイディアが、今後大ヒットし、ディズニーアニメ史に残ること間違いなしの作品のタイトルを“Frozen”にするという奇想天外の一手であったというのだ。

 別の意味でもディズニーの“肝煎り”で製作された『アナと雪の女王』は、ご存じのように世界中で大ヒットし主題歌の「レリゴー」(日本語版「レット・イット・ゴー~ありのままで~」)も世界中で口ずさまれるヒットソングとなった。そしてディズニー側の目論見も功を奏し現在、例えばグーグルで「disney」と「frozen」でAND検索すれば、検索上位にくるのは軒並み“アナ雪”の話題ばかりである。冷凍保存の話題は、まんまと検索下位に押しやられてしまっているのだ。

 もしも“アナ雪”がウォルト・ディズニーの“名誉挽回”のために製作されたのだとすれば驚くばかりだが、実際にその甲斐があったのだとすれば、この“アナ雪作戦”は実に見事なものといえる。しかし、そんなことが本当にあり得るのか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ