【ガチ】「客観的現実は存在しない」量子実験で判明してしまう! 複数の現実が存在か…神の存在も示唆する結果に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
画像は「getty images」より引用

 

 客観的現実は存在しない――量子論の実験結果に世界中に衝撃が走っている。

 1961年、ノーベル物理学賞の受賞経験を持つユージーン・ウィグナーは、「ウィグナーの友人」と呼ばれる量子論にまつわる奇妙な思考実験を行った。それはこういうものだ。

 

■ウィグナーの友人

ユージーン・ウィグナー。画像は「Wikipedia」から引用

 ウィグナーの友人は実験室で量子のスピンの向き――回転軸が縦軸であるか横軸であるか―を測定する。量子は観測される以前は縦軸の可能性も横軸の可能性もある重ね合わせの状態であるため、実験室から遠く離れた自宅にいるウィグナーにとって、実験室の量子はどちらの可能性も併せ持つ。ここで実験を終えたウィグナーの友人が電話で「実験が終わった」とウィグナーに伝えたとしよう。この時、ウィグナーの友人にとっては量子のスピンの向きは決定しているが、ウィグナーにとっては重ね合わせの状態が事実であり、(友人が結果を伝えない限り)測定はされていない。すると、この量子は2つの現実を持つというパラドックスに陥る。

 思考実験「ウィグナーの友人」はこれまで“思考実験”にとどまっていたが、米マサチューセッツ工科大学が運営するメディア「MIT Technology Review」(3月12日付)によると、昨年オーストリア・ウィーン大学のカスラブ・ブルックナー氏が、これを実験室で再現する方法を思いついたという。そして今年に入り、英ヘリオット・ワット大学の博士課程に在籍するマッシミィアーノ・プロイエッティ氏が実際に実験を行い、量子もつれ状態にある6つの光子を使用し、2つの現実を生み出すことに成功したそうだ。ウィグナーの予想は完全に当たっていたのだ。

コメント

5:匿名 2019年4月5日 14:55 | 返信

客観的事実がないとか狂人の妄想。ミクロ事象での観測効果が我々の日常世界であるマクロ事象と同じ意味を持つと考えるのは論文や学説の読み違え&誤解。ミクロ事象における確率はマクロ事象では収束して一つの事象に収斂していく。それが客観的事実。単語だけ抜き出して勝手なストーリーを組み立てて妄想を始めるのは病気なので精神科への通院をオススメする。

4:匿名 2019年4月4日 12:38 | 返信

意識の仮想世界仮説 -目の前に見えてる世界は全て幻想-
https://robomind.co.jp/isikinokasousekaikasetu/

3:匿名 2019年3月28日 15:46 | 返信

>>1
よく読もう
ウィグナーにとって2つの現実が存在するのではなくて、
量子の状態がさらなる第三者から見たら①実験者にとっては確定済み②ウィグナーにとっては未確定、の2種類が存在する

後半はまぁだいたいそうだよ
ただ、シュレディンガーの猫というのは外部観測者視点なんで
宇宙全体がシュレディンガーの猫状態でも別におかしくはない
シュレディンガーの装置にもう一匹別の猫(酸素マスク装着済み)入れといたら
その猫にとっては実験で死んじゃうかもしれない猫の生死は決定してるわな
酸素マスク猫は実験猫を横で観測してるもん
観測不可能な外部からだとわからんってだけで、それも観測した瞬間決定する

2:匿名 2019年3月16日 22:17 | 返信

ユージーンと友人。
かけてるのかと思っちゃったわよ(笑)
ゴメンなさいね!

1:トランプ大統領 2019年3月16日 10:38 | 返信

頭がおかしいのか?分からない人には二つの現実が存在するとか何を言っている。
それは現実では無くて予測の間違いだろう。どういう認識したらそうなる。
読んでいる人からしたら、想像に固執した精神病の人にしか見えない。
神のみに客観性があるなど、お前らは実験を認識出来ないのか?その神とやらに規制をかけられて認識出来ないようになっているのなら、ありえる話だ。やっぱりお前らはパペットのロボットだろう?自分がパペットであることも認識出来ないのか?それはご愁傷様だ。
最後に一つ聞きたいシュレディンガーの猫の実験は研究所丸ごとシュレディンガーの猫になっているとしたら、ウィグナーもシュレディンガーによって実験されているということになるだろう。実験を伝えなかったら、もはやこの地球自体シュレディンガーの猫になっている。その考えだと全宇宙がシュレディンガーの猫になるはずだ。猫の生死を見るだけで、そんな無駄なことを考えているのかと思うとアホかと思うぞ!大体、猫を殺害しようとするなど私に盾突く気か?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。