頭が男性器になった男、性器切断、獄卒…! タイ「地獄寺」のオススメスポットを”地獄麻痺”した女子大生が解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

――日本一”ヤバイ”を集める男、モダン・フリークス福田光睦によるインタビュー!

 野犬と睨み合い、アシナガバチに刺されながらも、持ち前の《地獄愛》で83カ所以上の地獄巡りを達成した椋橋彩香氏。かつてないほど地獄寺に精通したその目から、オススメの地獄寺を解説してもらうことに。

前編はこちら

椋橋彩香氏
画像は「Amazon」より引用

「普通に観光で行くならバンコクから行けるお寺がいいですね。『ワット・パイローンウア』はタイでも人気があります。めちゃくちゃ広いお寺ですし、最初はここに行くのが一番いいですかね」

 ひとつだけ行くのならここといった地獄寺の代名詞的存在。『タイの地獄寺』の表紙を飾る巨大な立像の写真もこちらである。

 次に、ジャンル別でオススメの地獄寺を挙げてもらった。まずは《アトラクション部門》。

「音楽や照明がよかったのは『ワット・メーゲッドノーイ』ですね。タイの地獄寺の中でも、圧倒的に表現がグロテスクなお寺です。自動の『出産マシーン』があって、お金を入れるとキラキラなピンクの照明が出てきたりします。さすがに赤ちゃんが出てくるギミックまではないですけれど(笑)。他のお寺も動くものはあるんですけれど、だいたい壊れてしまっているんです。ここはまだ新しいので、どれも動きます。『ワット・メーゲッドノーイ』はチェンマイまで行けば近いので、ぜひ行ってみることをオススメします」

 次に、《地獄絵》部門。

「これは版権的に言っていいのかわからないんですが、ドラえもんの描かれたものがある『ワット・サムパシウ』ですかね。全面に壁画があって、ちょっとしたところに『隠れドラえもん』がいっぱいいるんですよ。タイの人たちも、みんなドラえもんが好きなんじゃないでしょうか。どうやら、パクリという意識ではなく、子供たちが親しみを持ちやすいようにしているらしいです。『ワット・サムパシウ』は『ワット・パイローンウア』と同じ県にあるので、それなりに行きやすいと思います。壁画はどこも魅力的なんですけど、あとは『ワット・タースン』(ウタイターニー県)ですかね、クレヨンで描いたような壁画が全面にあるんです」

――タイの地獄絵の壁画の画風は、日本のマンガに近いというか、どこか馴染みのある感じですよね。

「そうですね、これはタイの伝統的な画風なんですが、最近は西洋っぽいものも出てきていますね。おもしろいのは、地獄に堕ちた人たちは基本的に苦しそうな表情ではないんですよね。どこか、キョロキョロしてるというか。タイの伝統的な絵は、元々表情がないというか豊かではないんです。だからみんな同じような目が丸い顔なんですよね。新しいところはまた違うのでおもしろいです」

 最後に、椋橋氏の《最もオススメの地獄寺》を訊いた。

「個人的には『スワン・パーブリラットナージャーン』ですね。スリン県という田舎にあるんですけど、森の中にいきなりあるんです。大きい立像も合わせて、10体近くあるんですが、ここはそもそもお寺というよりは、《瞑想場》のような場所なんです。僧侶の方はいらっしゃいますが。オススメのポイントはなんといっても、森の中にあることですね。あと、経典に忠実に作ってあるので再現性も高いことと、オリジナル性も高いところがいいですね。胴体部に人の顔が付いている『無頭人』と呼んでいるものとか。伝統とオリジナルを持ち合わせているところが素晴らしいです。でもここへ行くのはとにかく大変ですね……」

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年4月20日 08:02 | 返信

スピ系や精神世界系の人たちはヒトラーは天国に行ったとか地獄はないとか年中無休で嘘ばかりばらまくけど、はっきり言ってそんなの誰にもわからないし第一確かめようもない。
彼らが唯一ソースとしているのはその怪しげなスピ本かあるいは霊界と交信できる(?)とか神様を降ろしてくる(?)とか意味不明な心霊術のみ。
確かにそれらの本は内容は面白いし自分も読んだが、でもこういう話ってそれこそいつも玄関先に二人組ほどで聖書とか持って訪問しているようなインチキな人たちの話とある意味互角レベルとは言えまいか?
それらは人間の死後本当に『そうなる』ことを証明するものではない。
何かの研究で明らかになったわけでもないし、宇宙船(?)のような物に乗り込んでそこに行ったわけでもないしそういう世界が見える(?)装置を開発してそれを使って覗き込んだわけでもない。
もし仮にそのような装置や宇宙船の開発に成功したと仮定して、それらを使って見た世界やそこの住人たちとやらは本当に死後の世界や死者であるという保証はまったくない、もしかするとその装置とやらは人間の『幻覚』や『妄想』を視覚化する機械かもしれない。
.
.
ようするに何が言いたいかというと本当のことは誰にもわからないということ。人間ごときがそのような不思議系の書籍をたくさん読んでみたところで何一つ理解などできやしない。

4:匿名 2019年4月18日 22:15 | 返信

昨日クレイジージャーニーでもやってたが
秘宝館みたいな感じだったな(笑)

3:1ですが・・・ 2019年4月18日 21:29 | 返信

>> 1

タイの観光で特に地獄寺にこだわらないのなら、
こちらのサイトがとても役立つはずです。
メジャーな観光ではなく、ちょっと斜めの観光を紹介されています(笑)
面白いので、ご紹介させていただきます。
 
ttp://maleangpo.blogspot.com/
 
地獄寺はもちろん、その他にも面白いスポットが、
一覧できるように地図にマーキングされていますので重宝してます。

2:匿名 2019年4月18日 19:32 | 返信

昨日、薬屋の駐車場でキ○ガイたちがたむろしていたけど、子供の頃に大人になって悪いことをすればこういうとこに落ちると教わらなかったのだろう。

1:匿名 2019年4月18日 19:13 | 返信

田舎にある地獄寺は、あまり期待しないほうがよいです。
作った当初は綺麗なのでしょうが、約80%の確率で寂れています。
大体が、塗装は剥げて草ぼうぼう、って感じ。
その寂れた、見捨てられた雰囲気が、さらに地獄っぽくていいのかもしれませんが(笑)
 
お寺の場所が分かりにくいですが、
上手くまとめてUPしてくれている お方がおられるようなのでご紹介します。
 
ttps://traha.org/p/タイの地獄寺の地図まとめ/266#toc-2
 
問題のスリン県の『スワン・パーブリラットナージャーン』も載ってます。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。