鬼畜系の弁明 ― 死体写真家・釣崎清隆寄稿「SM、スカトロ、ロリコン、奇形、死体…悪趣味表現を排除してはならぬ理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
日本航空123便墜落事故機のJA8119。画像は「Wikipedia」より引用

 死体写真の分野でいえば、80年代における写真週刊誌の隆盛の中で、1985年に発生した日本航空123便墜落事故でスクープされた死体写真の露出が社会問題化し、その後の表現規制に大きな影響を与えることになるが、1995年に刊行された『死体の本』(宝島社)に見える通り、当時我々の中ではゴア表現の規制に対する問題意識や危機感が共有されていたのは確かだ。

さらに90年代当時においても、死体ブームといわれるさなかでも、誌面に掲載された死体写真はほとんどがモノクロであり、そこには「鬼畜」なりの配慮が働いていたわけである。私は死体写真家人生も四半世紀を経た昨年末になってやっと本邦初の正式写真集を刊行することになったが、実は90年代当時には、モノクロでなら写真集を出すというオファーを複数受けていた。が、私はそれを拒否し続けてきたのだ。何となれば私の表現がカラー表現だからである。また1994年に出版されて話題となった死体写真集『SCENE』(スコイア)はモノクロの仕立てだが、その素材とはコロンビアの写真家、アルバロ・フェルナンデスが所属するタブロイド紙『エスパシオ』で一面を飾ったカラー写真である。

画像は「Amazon」より

 今日センセーショナルで目立つだけに露悪的に思い起こされるカラーの死体イメージとは、一義的に雑誌『BURST』(コアマガジン)や死体ビデオ『デスファイル』(V&Rプランニング)のものにすぎないのだ。

 90年代当初、私はまさに『BURST』で誌面を共有する他の実作者たちとたびたび対立した。作家の花村萬月氏は死体写真を掲載する雑誌の編集姿勢をこう糾弾した。

「日本人はタイや中南米といった貧しい国々から死体まで搾取するのか」

 今でいうヘイト表現だというわけだ。こうも批判した。実際の死の現場を知っていればこんな破廉恥な表現はできないはずだ、と。

そこには80年代サブカルチャーにおける悪趣味の延長にある偏見があった。危険な現場で死体と直接対峙し、命がけで美の表現を試みる作家の存在など、特に日本人ごときに存在するなどとは、想像もできなかったのである。

コメント

3:匿名 2019年4月8日 13:29 | 返信

「表現の限界を追求」したものを自分は顔をしかめながら眺めてただけで
全然ハマらなかったし、こういう世界もあるんだなぁくらいの感じだったけど
それを本気になって愛好したり持ち上げたりした連中が今になって真逆に振れて
反省しちゃってポリコレ棒持って糾弾してる印象かなぁ
あと文中にもある当時の業界内のスリーパーの逆襲と
当時の世間のスリーパーのネット普及による逆襲
ほんと戦前の日本を高みから批判してるのと同じ構図で、見ていて気分が悪い
みんなこの人のような思想でもって表現してたとは思わないけど
当事者の言葉としてなかなか面白い文章でした

2:匿名 2019年4月3日 01:45 | 返信

あー、ネット記事とか見慣れてると、こういう文章ダメかもね・・・

カッコいい文章だと思うけど?
こういう文章、ネット記事では見ないから懐かしかった。

絶滅危惧種がその存続をかけて、戦うか。
このまま絶滅の道をたどるのか。
その前に何かこの世界に鮮烈な爪痕を残せるのか。

野生では生きられない世の中、去勢された犬しかいない世の中で、野良犬でいることの美学だよね。。。そういうことを思っちゃう自分が嫌になるよ。

1:匿名 2019年4月2日 21:52 | 返信

この人は言い方が回りくどくてイマイチよく分からんわw 中二病なのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。