鬼畜系の弁明 ― 死体写真家・釣崎清隆寄稿「SM、スカトロ、ロリコン、奇形、死体…悪趣味表現を排除してはならぬ理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 もちろん私は鬼畜系を全肯定するつもりはない。確かに不道徳で反社会的であったことを否定しない。この私ですら眉をひそめる表現に満ち溢れていた。大義名分を放棄した赤裸々な過激表現を擁護することが困難だ。

 とはいえ、それがどうした、というわけである。我々は当初から歪んだ倫理の濫用をこそ不健全ととらえていた。裸族のドキュメンタリーという言い訳をしてポルノグラフィーを堂々と提示した60年代のモンドから80年代サブカルチャーに至るまで使い古されてきた心にもない理屈、詭弁が抜け落ちた部分をして、鬼畜系が叩かれるのかもしれないが、欺瞞を欺瞞と知りながらいつまでも旧態依然とした欺瞞にしがみつき、進歩的美意識を信じることができない表現精神の硬直の方が私には不健全に思えるのだ。それに抵抗できない事態をこそ言論の堕落と言わねばならない。

 私自身も表現にあたって「メメント・モリ(死を想え)」というモチーフを否定するところから始めたものである。

 青山氏の「お前ら、本当は死体見て発情して、はしゃぎたいんだろう」という身も蓋もない扇動をどう解釈するか。これを世紀末のパーティーという時代背景抜きに解釈することは浅薄すぎる。人間存在の根幹を曝露しようとするラジカルな問題提議であると知るべきだ。そういう方法論なのだ。カウンター・カルチャーとはそうしたものだ。

 そして実際に社会がこれによって煽られることなどなかったのだ。逆に健全で強靭な社会の存在こそが、過激表現の自由を保障するのである。

 しかるに鬼畜系は自らの首を絞めるかたちで、表現規制をいたずらに助長した面は否めない。結果的に文化的焼き畑農業になってしまった。

 鬼畜系の悪い部分をあげつらって全体像を否定するのは間違いだ。過激表現のチキンレースが繰り広げられたあの時代は、いくら下品だったとしても、羨むべき時代だったと言わざるを得ない。

 しかしながら、あの日々に世界的視野をもって自由表現の枠を押し広げようと、しゃにむに見た夢の結果が、かくも無残な吊るし上げとは。あまつさえ当時、無力に時代をやり過ごしてきた業界内のスリーパーたちが、今になってポリティカル・コレクトネスの後ろ盾を得て、懺悔した「良識」の手先として攻撃の前衛に立つことになろうとは、思いもよらなかった。

人気連載
あなたが“運命の人”と出会えない原因がわかる絶望の4択占い! 自分を見つめ直して… Love Me Doが激辛アドバイス!

あなたが“運命の人”と出会えない原因がわかる絶望の4択占い! 自分を見つめ直して… Love Me Doが激辛アドバイス!

■“運命の人”と出会えない理由 「あなたの目の前に現れた...

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

コメント

3:匿名 2019年4月8日 13:29 | 返信

「表現の限界を追求」したものを自分は顔をしかめながら眺めてただけで
全然ハマらなかったし、こういう世界もあるんだなぁくらいの感じだったけど
それを本気になって愛好したり持ち上げたりした連中が今になって真逆に振れて
反省しちゃってポリコレ棒持って糾弾してる印象かなぁ
あと文中にもある当時の業界内のスリーパーの逆襲と
当時の世間のスリーパーのネット普及による逆襲
ほんと戦前の日本を高みから批判してるのと同じ構図で、見ていて気分が悪い
みんなこの人のような思想でもって表現してたとは思わないけど
当事者の言葉としてなかなか面白い文章でした

2:匿名 2019年4月3日 01:45 | 返信

あー、ネット記事とか見慣れてると、こういう文章ダメかもね・・・

カッコいい文章だと思うけど?
こういう文章、ネット記事では見ないから懐かしかった。

絶滅危惧種がその存続をかけて、戦うか。
このまま絶滅の道をたどるのか。
その前に何かこの世界に鮮烈な爪痕を残せるのか。

野生では生きられない世の中、去勢された犬しかいない世の中で、野良犬でいることの美学だよね。。。そういうことを思っちゃう自分が嫌になるよ。

1:匿名 2019年4月2日 21:52 | 返信

この人は言い方が回りくどくてイマイチよく分からんわw 中二病なのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。