鬼畜系の弁明 ― 死体写真家・釣崎清隆寄稿「SM、スカトロ、ロリコン、奇形、死体…悪趣味表現を排除してはならぬ理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
画像は「Amazon」より

 鬼畜系の源流は80年代サブカルチャーの悪趣味表現に遡ることができる。鬼畜系の10年前においてはエロ本がそのシーンを牽引した。中でも1981年創刊の『Billy』(白夜書房)は「スーパー変態マガジン」を掲げて、SM、スカトロ、ロリコン、奇形、そして死体とあらゆるアングラな性的趣味を総合的に網羅した、戦前から綿々と進化してきたエログロ文化の極致であった。しかし『Billy』、その後継誌の『Billyボーイ』はそれぞれ1984年、1985年に不健全図書指定を受けて廃刊となる。

『Billy』の編集長だった小林小太郎氏は1994年に「90年代の『Billy』」を目指して『TOO NEGATIVE』(吐夢書房)を創刊する。

 当時は流行の変遷が目まぐるしく、ブームが十年周期で繰り返すという期待感があった。創刊直前、中高生の頃に『Billy』の愛読者であった私は、当時所属していたSMビデオメーカー、シネマジックの創業者、横畠邦彦氏を通じて彼のサン出版時代の後輩であった小林氏と出会うことになる。今では考えられないあり方だが、私はAVから90年代の日本映画が変わるという確信の下にAV監督の道を選んだ。しかし、次世代の担い手という立場を過剰に自覚していた私は、気負うだけにAV業界に幻滅を感じてシネマジックを辞めることになった。

画像は「Amazon」より

 そんな時に小林氏と「90年代の『Billy』」について熱く語り合い、80年代の『Billy』に掲載されていた“ありもの”の死体写真に対する問題意識で意気投合した。私は当時から、どこの馬の骨とも知れぬカメラマンが撮った、どこの馬の骨とも知れぬ死体の写真に、どこの馬の骨とも知れぬライターがいい加減に解説を付けた記事の掲載に審美的な危うさを感じ、モノクロ表現にも不満を持っていた。ついでに根本敬氏の死体漫画には大いに疑問を持っていた。

 そうして私は「90年代の『Billy』」としての『TOO NEGATIVE』に掲載する撮り下ろしの死体写真を撮影すべくタイに旅立った。それが私の死体写真家人生の始まりであった。それは明確な意思表示であった。

コメント

3:匿名 2019年4月8日 13:29 | 返信

「表現の限界を追求」したものを自分は顔をしかめながら眺めてただけで
全然ハマらなかったし、こういう世界もあるんだなぁくらいの感じだったけど
それを本気になって愛好したり持ち上げたりした連中が今になって真逆に振れて
反省しちゃってポリコレ棒持って糾弾してる印象かなぁ
あと文中にもある当時の業界内のスリーパーの逆襲と
当時の世間のスリーパーのネット普及による逆襲
ほんと戦前の日本を高みから批判してるのと同じ構図で、見ていて気分が悪い
みんなこの人のような思想でもって表現してたとは思わないけど
当事者の言葉としてなかなか面白い文章でした

2:匿名 2019年4月3日 01:45 | 返信

あー、ネット記事とか見慣れてると、こういう文章ダメかもね・・・

カッコいい文章だと思うけど?
こういう文章、ネット記事では見ないから懐かしかった。

絶滅危惧種がその存続をかけて、戦うか。
このまま絶滅の道をたどるのか。
その前に何かこの世界に鮮烈な爪痕を残せるのか。

野生では生きられない世の中、去勢された犬しかいない世の中で、野良犬でいることの美学だよね。。。そういうことを思っちゃう自分が嫌になるよ。

1:匿名 2019年4月2日 21:52 | 返信

この人は言い方が回りくどくてイマイチよく分からんわw 中二病なのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。