鬼畜系の弁明 ― 死体写真家・釣崎清隆寄稿「SM、スカトロ、ロリコン、奇形、死体…悪趣味表現を排除してはならぬ理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 当事者たちはその表現がどぎつく純粋であったがために、今になって弁明の言葉を持っていないのが実情だ。それでも、どんなことがあってもバカの一つ覚えのように「表現の自由」を叫び続けねばならないのである。

 しかしそれは無理だった。鬼畜系の担い手自身がどいつもこいつもどうしようもなくシニカルでスノッブだった。また当時から鬼畜系について苦々しく思っていた者であったなら、まさにその時代において叫ぶべきだった。取りも直さず90年代はものが言えた時代だったからだ。

 鬼畜系の批判者の矛先は往々にして、実作者やその表現よりむしろ、時代に踊ったディレッタントや時代そのものである。あたかも「人権意識」の高い現代人が戦前の日本を遡及して叩くがごとき不自由な議論である。彼らは己の責任は棚に上げて、死体写真を見るな。死体写真を見るようなやつはきちがいだ、とぬけぬけと口走るのである。こんなに人間性を冒涜する話はない。卑怯で残忍な、スノビズムの極致だ。

 青山氏も村崎百郎氏も時代の被害者ではないぞ。殉職者には敬意を払え。

 サブカルチャーの担い手がポリティカル・コレクトネスを推進するようになったら世も末である。リベラル・ファッショの尖兵に堕したことに恥を知ってもらいたい。かつて人権意識の低かった者たちがその幼い精神性のまま時代の圧力に迎合して無邪気に鬼畜系を叩くことが恐ろしいのだ。

 たとえどんなに苦痛を伴おうと、我々は情報の自由によってのみ正常化していく。過激な表現を排除してはならないのだ。

 我々は世界から、武の放棄という物理的な弱さはもとより、 建前に対して抵抗できない表現の弱さをこそ、 実は嘲笑されているのだ。もはや本音の存在も軽く曖昧になり、 神羅万象を近視眼的にしかとらえることができない、 神話を冷笑するしか能がない弱さをこそ侮蔑されているのだ。

 私はこの去勢された脆弱な社会に対して、今こそ敢えて「メメント・モリ」を叫ばざるを得ない時代が来てしまったのではないかと感じている。

文=釣崎清隆

釣崎清隆(つりさき きよたか)
死体写真として知られ、ヒトの死体を被写体にタイ、コロンビア、メキシコ、ロシアパレスチナ等、世界各国の犯罪現場、紛争地域を取材し、これまでに撮影した死体は1,000体以上に及ぶ。写真集『DEATH:PHOTOGRAPHY 1994-2011』(Creation Books)、著書『死者の書』(三才ブックス)、DVD『ジャンクフィルム』など多数

コメント

3:匿名 2019年4月8日 13:29 | 返信

「表現の限界を追求」したものを自分は顔をしかめながら眺めてただけで
全然ハマらなかったし、こういう世界もあるんだなぁくらいの感じだったけど
それを本気になって愛好したり持ち上げたりした連中が今になって真逆に振れて
反省しちゃってポリコレ棒持って糾弾してる印象かなぁ
あと文中にもある当時の業界内のスリーパーの逆襲と
当時の世間のスリーパーのネット普及による逆襲
ほんと戦前の日本を高みから批判してるのと同じ構図で、見ていて気分が悪い
みんなこの人のような思想でもって表現してたとは思わないけど
当事者の言葉としてなかなか面白い文章でした

2:匿名 2019年4月3日 01:45 | 返信

あー、ネット記事とか見慣れてると、こういう文章ダメかもね・・・

カッコいい文章だと思うけど?
こういう文章、ネット記事では見ないから懐かしかった。

絶滅危惧種がその存続をかけて、戦うか。
このまま絶滅の道をたどるのか。
その前に何かこの世界に鮮烈な爪痕を残せるのか。

野生では生きられない世の中、去勢された犬しかいない世の中で、野良犬でいることの美学だよね。。。そういうことを思っちゃう自分が嫌になるよ。

1:匿名 2019年4月2日 21:52 | 返信

この人は言い方が回りくどくてイマイチよく分からんわw 中二病なのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。