600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

 支庁舎に反権力的な像を掘り込むとはすごい話だが、当時の権力者らもこうした像が見えにくい場所にある限り寛容に対処していたそうだ。「mooning gargoyles(お尻丸出しガーゴイル)」で検索してみると、いくつも類似の像が見つかる。中世ヨーロッパでは当たり前の習慣だったらしい。

600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!の画像4
画像は「Hiveminer」より引用
600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!の画像5
画像は「Atlas Obscura」より引用

 

 漫画『シグルイ』で、山崎九郎右衛門(通称“ちゅぱえもん”)が一人尺八をするシーンが描かれているように、身体の柔軟性とイチモツの大きさ次第では実際に可能である。アメリカの生物学者クレイグ・バータイルおよびアルフレッド・キンゼイによると、1000人に2~3人は完全に一人尺八を行うことができ、陰茎に口をつけるまでなら10人ほどが可能だったという。中世ヨーロッパでもセルフフェラは知られた行為だったのだろう。

 ちなみにこの像は見えにくい場所に置かれているため、ケルン在住の人でもその存在を知らない人がいるそうだ。ケルンを訪れた際にはぜひ探してみては如何だろうか?

 

参考:「The Sun」、ほか

文=編集部

コメント

11:匿名 2019年6月16日 11:28 | 返信

自フェラ症者です
頭がおかしいのは自覚してますが
生きていてはいけないのでしょうか?
死んだ方がいいならだれか死ねといってください
すぐに死ぬ覚悟があります

10:匿名 2019年4月18日 03:04 | 返信

寛容というか、それだけ当時は圧政だったという証拠かな。
「少々なら黙認する」という方法で、民衆の蜂起などが減るならば・・という。
あるいは役人の未必の故意かw

9:匿名 2019年4月14日 11:51 | 返信

>> 8

間違いを見つけただけじゃないの?
絡むなんて馬鹿が露呈するだけ。

8:匿名 2019年4月12日 02:56 | 返信

>7
で?どうした?

7:匿名 2019年4月7日 01:07 | 返信

見せ付けるためのもです。 →✕
見せ付けるためのものです。→○
なんじゃね?

6:匿名 2019年4月4日 21:16 | 返信

円山さん?

5:匿名 2019年4月4日 20:02 | 返信

実際に出来る男はいないのか?

4:匿名 2019年4月4日 18:28 | 返信

(クリングス氏)が何か卑猥な奴に読めて吹いた。

3:匿名 2019年4月4日 09:29 | 返信

石野卓球見たい

2:匿名 2019年4月4日 00:05 | 返信

昔から人間てアホだな

1:匿名 2019年4月3日 20:28 | 返信

手のひらサイズ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。