「やはり牛乳は健康に超良い飲み物」医師が最新研究を発表! 「太る」も嘘で脳にも良い… 証拠が次々発表される!

 一部で肥満と成人病の“犯人”と目されてきた牛乳に汚名返上のチャンス到来か!? 体重増加を懸念してスキムミルクなどを飲むよりも、たとえ少量でも牛乳を飲んだほうが健康に良いことを世界的に著名な医師が主張している。

■世界で進む“牛乳離れ”

「やはり牛乳は健康に超良い飲み物」医師が最新研究を発表! 「太る」も嘘で脳にも良い… 証拠が次々発表される!の画像1
画像は「Wikipedia」より

 冷蔵庫内のストックの定番ともいえる牛乳の消費量は、実は1990年代をピークに減少が続いている。これは日本だけではなく世界的な傾向で、イギリスでも牛乳の消費量は30年前の3分2に落ち込んでいるということだ。

 1970年代から徐々に高まってきた健康志向の中で、牛乳をはじめとする乳製品に含まれる飽和脂肪酸の健康リスクが指摘されはじめるとともに、メニューの低脂肪化、低カロリー化のトレンドが加速。それまで欧米的食生活の中では欠かすことのできなかった牛乳を再検証する視点が生まれてきた。

 その流れの中で、牛乳に代わるオルタナティブとして脂肪分を取り除いたスキムミルクをはじめ、豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクなどが選ばれる傾向に拍車がかかっている。

 一方で、体質的に牛乳があまり合わないと訴える人々もいる。それもそのはず、世界人口の60%以上は牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素である「ラクターゼ」を欠いた乳糖不耐症であるといわれているのだ。

 これほど多くの人々が乳糖不耐症であるとすれば、“牛乳離れ”が進むのはある意味必然といえるのかもしれないが、たとえ乳糖不耐症の人でも(牛乳アレルギーでもない限りは)全く牛乳を受けつけないわけではなく、適量ならば牛乳の豊富な栄養素の恩恵にあずかることができる。つまり、スキムミルクを飲むくらいなら、その半分の量の牛乳を飲んだほうが栄養が得られるというのが今回の主張だ。

「やはり牛乳は健康に超良い飲み物」医師が最新研究を発表! 「太る」も嘘で脳にも良い… 証拠が次々発表される!の画像2
「Daily Mail」の記事より

 ロンドン在住の医師であり、数々の著作を持つマイケル・モズリー氏が先日、英紙「Daily Mail」に寄稿した記事では、氏自らが再び普通の牛乳を飲みはじめて“正解”であったことを報告している。

人気連載
新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

■あなたの“怒り”と周囲の印象 「ある女の子が片付けをし...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ