【緊急】医者いじめの「上小阿仁村」でまた事件! 村唯一の医師が懲戒処分…次々と医師が辞める村の謎とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
【緊急】医者いじめの「上小阿仁村」でまた事件! 村唯一の医師が懲戒処分…次々と医師が辞める村の謎とは!?の画像1
秋田県上小阿仁村八木沢集落。画像は「Wikipedia」より引用

 

 ネット上で“医師いじめの村”として知られる秋田県上小阿仁村でまたも事件が起こった。同村診療所の柳一雄医師(80)に減給処分が下されたのだが、その経緯に疑問を呈する人が続出しているのだ。「秋田魁新報」(3月27日付)によると、村立上小阿仁国保診療所に勤務する柳医師は、今年2月5日~7日にインフルエンザに感染し、診察が行えない状況だったという。だが、それにも関わらず46人の村民が薬を求めてきたため、診察せずに処方箋を交付してしまった。診察抜きの処方箋の交付は医師法に抵触するため、減給10分の1(1カ月)とする懲戒処分となったとのことだ。

 もちろん無診療処方は違法行為である。しかし、なぜそのことが“バレた”のだろうか? 「朝日新聞Digital」(2月16日付)によると、3月7日午後、医療に関する相談窓口の「県医療安全支援センター」(秋田市)から事実確認の問い合わせがあったというが、ツイッター上では「悪意ある村民からタレコミがあったのではないか?」という疑惑の声が上がっている。というのも、上小阿仁村では以前から赴任医師の早期退職が相次いでおり、その原因に村民による“医師いじめ”があったのではないかと噂されているからだ。

 

■医師が定着しない上小阿仁村

【緊急】医者いじめの「上小阿仁村」でまた事件! 村唯一の医師が懲戒処分…次々と医師が辞める村の謎とは!?の画像2
画像は「getty images」より引用

 

 2008年から2012年まで5人の医師が1年前後で辞意を表明している。

1:2008年、20年間の僻地医療の経験のある松沢俊郎医師が「この村が、医師として最後の勤務地。人への愛情、興味が尽きない限り、診療を続けたい」と3月に着任したが、4か月で辞意を表明し、6カ月で退職。(2007年11月に赴任し、後任が決まる2008年12月まで着任していたとする説もある)

2:2009年、離島や外国での医療経験がある有沢幸子医師が1月に着任するが、2010年3月に辞意を表明。2011年5月に退職

3:2011年、北海道から6月に着任した医師も2012年5月に辞意を伝え、10月に退職

4:2012年、西村勇医師が10月に着任するが、わずか1カ月で辞意を表明

5:2012年、11月に前北秋田市長の岸部陞医師が着任するも、2013年4月に退職

6:2013年からは診療所の前身に当たる施設で勤務した経験のある内科医の柳一雄医師が常勤医師を勤めている。

関連キーワード

コメント

10:匿名 2019年4月8日 11:05 | 返信

>> 9

在日乙。

9:匿名 2019年4月6日 20:30 | 返信

>> 6

君と気が合うんじゃない?

8:匿名 2019年4月6日 06:40 | 返信

祖母が小さな村の出身だけど話を聞いたらもう陰湿の一言に尽きる。
まともな感覚の持ち主はみんな村を出てしまうので残っているのは
その村社会に適応できるおかしな人ばかり。
この村がそうだとは言わないけど何か独自のルールとかありそうだよね。

7:匿名 2019年4月5日 10:38 | 返信

はい豚に真珠は必要ないですよ?

6:匿名 2019年4月5日 09:34 | 返信

おそろしく精神性の低い人の集まりなんだろうな。
韓国人となら気が合って仲良くできたりして。

5:匿名 2019年4月5日 08:55 | 返信

そりゃみんな東京に行くわな

4:匿名 2019年4月5日 08:05 | 返信

村全体小学生レベルか知恵遅れ
医師は派遣せず死に絶えてもらうべきですね
生きていく価値ない村です。

3:匿名 2019年4月5日 07:57 | 返信

こんなクズばかりの村なんかにいく必要は無い。

2:匿名 2019年4月5日 00:39 | 返信

実質廃村

1:匿名 2019年4月4日 19:49 | 返信

何れにしてもこういう田舎の村は無くなればいいんだよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。