うわー! UFO目撃を報告したパイロットが上司から精神鑑定を強要! UFO目撃最新報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 民間UFO研究の発祥の地と称せられるアメリカだが、やはり有名なのは“エリア51”を擁するネバダ州だろう。しかしこのネバダ州に負けないほどUFOに関する話題が多いのがコロラド州であるということで、今、がぜん注目されているようだ。

 

■UFO目撃体験者に強い社会的プレッシャー

 アメリカ独立100年周年の年にめでたく州に昇格したコロラド州は、センテニアル・ステイト(Centennial State)というなかなか縁起の良さそうなニックネームもつけられている。

 雄大な大自然に恵まれたコロラド州だが、最近はUFOでも話題になることが増えてきているようだ。実はコロラド州の中央部南西に位置するサワチ郡は、ウェブサイト「The Black Vault」によると、人口10万人あたりのUFO目撃報告数が96.77件と全米で1位のUFO多発地帯なのである。

コロラド州サワチ郡の町 画像は「Wikipedia」より

 そしてコロラド州のUFO事情を調査した超常現象研究家のリチャード・エステップ氏が昨年末に出版した著書『Colorado UFOs』が、UFOファンの間で注目を集めているのだ。同著ではエステップ氏がコロラド州の各地に赴いて収集したUFO目撃者へのインタビューが収録されている。

『Colorado UFOs』 画像は「Amazon」より

私たちだけが唯一の知的生命体であると考えるのは傲慢です。あるいはそうでなくても、私たちが最も先進的な存在であると考えるのも同様です。ですから私は、それらを打ち消す可能性を秘めたものを完全にオープンにしたいのです。…(中略)…そして、私がインタビューした人々は、それらの出来事が本当に自らに起こったことを確信しているので、それが事実であるかどうかにかかわらず魅力的な題材になります」(リチャード・エステップ氏)

 エステップ氏は空の現象を見極めるプロである民間航空会社や軍のパイロットからも話を聞いている。

「航空会社や軍のパイロットが空の自然現象と不自然な現象の違いを見分けることができないと思うなら、私と見解を共有することはできません」(リチャード・エステップ氏)

人気連載
あの人が求めている“浮気相手”がわかる4択「穴占い」! SEX、ガス抜き、刺激… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言

あの人が求めている“浮気相手”がわかる4択「穴占い」! SEX、ガス抜き、刺激… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言

■あの人が求めている“浮気相手” 「“穴の開いた食べ物”...

人気連載
「あなたが蔑ろにされる理由」がわかる4択占いテスト! 関係改善するために… Love Me Doが解説!

「あなたが蔑ろにされる理由」がわかる4択占いテスト! 関係改善するために… Love Me Doが解説!

■相手があなたを蔑ろにしてしまう理由 「あなたのパートナ...

コメント

2:匿名 2019年4月10日 14:10 | 返信

トラさんも精神障害の疑いが強くなった。彼が核のブリーフケースを操作できる状況を鑑みると、すっげぇやべえw。

1:トランプ大統領 2019年4月10日 02:05 | 返信

航空機もカメラでフライトを撮影していた方がいいと思うね。精神状態を疑われたら面倒だろう。
そもそも不審な飛行物体は安全なフライトの為に常に通報すべきであり、応答しないのならば撃墜すべきなのだ!私が撃墜の許可をだそう!UFOは片っ端から撃墜して構わん!
その飛行物体を操縦しているものも精神障害の可能性があるし、犯罪を見過ごすわけにはいかない。余りにも動きが挑発的であったり、奇怪な光を放ったりするのは頭がおかしい証拠だ!
即座に空軍に通報し警戒を怠らないことだ。

コメントする

トランプ大統領のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。