「凶器は巨大ペニスだ!」殺された女性の父親が決死の告発! 名指しされた夫は“強制開チン”、事件の衝撃的顛末は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 今年2月、インドネシアのある村で、奇妙な騒ぎが持ち上がった。「最愛の娘の命が奪われた」と嘆き悲しむ父親が、あろうことか原因は娘婿の巨大なペニスだと糾弾したのだ。

■「最愛の娘の命が巨大ペニスに奪われた」

 インドネシア東ジャワ州マラン県にある小さな村マランキゥルに住むバーシャさん(25歳)は、普通であれば、妻を亡くしたばかりの寡夫として同情されるはずだった。だが、そうはならなかった。舅のナディさん(55歳)の通報により、殺人の嫌疑がかけられたのだ。

「凶器は巨大ペニスだ!」殺された女性の父親が決死の告発! 名指しされた夫は強制開チン、事件の衝撃的顛末は!?の画像1
「Mirror」の記事より

 ナディさんが、ベッドに横たわる変わり果てた娘ジュマントゥリさん(23歳)の姿を見たときの衝撃は想像に難くない。検死の結果、寝ている間にてんかんの発作を起こし、そのまま息を引き取ったということになったが、殺人の疑念は拭えない。

 実は、義理の息子であるバーシャさんが、セックスの最中に「イチモツが大きすぎて、誤って妻を死に至らしめてしまったかも」という噂を聞きつけたのだ。不信感を募らせた父親は、警察に“娘婿の巨根”を通報した。

 そのため、バーシャさんは警察で取り調べを受けることになった。亡き妻の親戚縁者と証人となる村の長老たちの厳しい視線の中、下着を剥ぎ取られてしまったわけだが、「噂のビッグワン」は、あろうことか標準サイズだったのだ。

 一同、落胆……。

「凶器は巨大ペニスだ!」殺された女性の父親が決死の告発! 名指しされた夫は強制開チン、事件の衝撃的顛末は!?の画像2
「Mirror」の記事より

「直接、男性器を検分した結果、ごく一般的なサイズということが判明しました」(プロボリンゴ警察犯罪捜査班長のリャント氏)

 舅の執念は、単なる勘違いだった。娘婿のペニスは何も悪くなかった。疑ってごめん、くらいは言ったと思うが、それにしても残念なお父さんだ。

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年4月19日 20:42 | 返信

真実はいつもペニス

4:匿名 2019年4月19日 02:15 | 返信

よほどショックだったんだなぁ。
しかし、医療が十分には行き届いていない地域では
衆人環視で証拠を見せないといけないとは‥。
ナニのサイズに殺人容疑なんて、アホらしくて検査対象にもならない気がするけど
それでも普通なら医者の診断書1つで済む話のはずだw
ーーーーーーーーーーーーーーーー
現代日本に生きられてよかった。

3:匿名 2019年4月18日 20:29 | 返信

マラン県にある小さな村マランキゥルのデカマラ疑惑かあ

2:匿名 2019年4月18日 17:54 | 返信

ダメだよ、通常時サイズだけ見て引き上げちゃ!
元気になったらおぞましく巨大化するかもしれないじゃないか!

1:匿名 2019年4月18日 16:16 | 返信

この騒ぎの真相は、、、、、、
娘婿を訴えたナディさんのイチモツが異常に小さいことにある。
 
ナディさんは娘婿のイチモツが標準サイズと知った時に、自分のイチモツが異常に小さいことに初めて気づいた。しかし、恥ずかしくて他人には言えない。苦悩は続く。
 
>一度は犯人扱いした娘婿とテーブルを挟んで向き合う舅は、どこか虚ろだ。
 
ナディさんはのショックは相当大きいようだ。
その悲しみは娘の死よりも大きいかもしれない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。