見栄えのいい男は「キンタマが小さい」ことが科学的に判明! ルックスとデカチンは両立できなかった!

見栄えのいい男は「キンタマが小さい」ことが科学的に判明! ルックスとデカチンは両立できなかった!の画像4
画像は「Getty Images」より引用

 また、大きな睾丸を持つ場合は、戦いに向いた性質は持ち合わせているものの、装飾はあまりないという結果も出ている。これらの調査結果は、1匹のオスが戦闘力、見栄え、そして大きな睾丸の全てを手に入れることは難しいことも示している。論文は今月10日、学術誌「Proceedings of The Royal Society B: Biological Sciences」に掲載された。

 研究結果は霊長類一般の話であり、そのまま人間に当てはめることは難しいかもしれない。とはいえ、多くの霊長類と同じく、人間でもヒゲがセックスアピールの一つであるのは間違いない。一夫一婦の性質が強い人間においては、睾丸を大きくして生殖能力を高める必要性は低い。過去には睾丸の小さな男性ほど子育てに熱心という研究もあり、あごひげ好きの女性というのは無意識のうちにリーズナブルな選択をしている……のかもしれない。


参考:「Proceedings of The Royal Society B: Biological Sciences」、「Daily Mail」、「Mirror」、ほか

編集部

見栄えのいい男は「キンタマが小さい」ことが科学的に判明! ルックスとデカチンは両立できなかった!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで