「宇宙人4種類が地球に存在。気候変動もエイリアンと関連」オックスフォード大博士がマジ主張! ハイブリッドや誘拐理由も…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
「宇宙人4種類が地球に存在。気候変動もエイリアンと関連」オクスフォード大博士がマジ主張! ハイブリッドや誘拐理由も…!の画像1
Young-hae Chi博士。画像は「The Sun」より引用

 

 イギリスの名門オックスフォード大学の博士が、宇宙人と気候変動に密接な繋がりがあると指摘し、話題になっている。

 オックスフォード大学の学生新聞「The Oxford Student」(4月26日付)によると、同大学東洋学科で韓国語講師を務めるYoung-hae Chi博士は、2012年に開催されたUFOカンファレンスにおいて、気候変動、人類の終わり、宇宙人ハイブリッドには密接な関係があると語ったという。

 まずChi博士は、歴史学者のデイヴィッド・ジェイコブズ博士の理論を援用し、宇宙人の目的が地球の植民地化、そしてハイブリッド種の創造にあると指摘した上で、独自調査により、宇宙人ハイブリッドの登場と気候変動や原子爆弾の出現が同時期に起こっていることが明らかになったという。そこから、「ハイブリッドプロジェクトは差し迫っている人間文明の終焉に対する応答である」という考えを強めたそうだ。

「宇宙人4種類が地球に存在。気候変動もエイリアンと関連」オクスフォード大博士がマジ主張! ハイブリッドや誘拐理由も…!の画像2
画像は「The Sun」より引用

 

 人類の自滅を横目に宇宙人たちはハイブリッド化を進めることで人類以後の地球を乗っ取ろうとしている……。恐ろしい話だが、Chi博士によると我々が一致団結して気候変動に取り組めば、人類を救い、宇宙人たちの計画を頓挫させることは可能とのことだ。

 現在もChi博士は同理論の発展に尽力しており、宇宙人は4種類いることも判明したという。鱗と蛇のような目を持つスモール・トール・ボウルドの3種と、それらを統括するインセクトがいるそうだ。これらの宇宙人が人体実験やハイブリッド種の創造のために人間を誘拐しているのだという。そして、彼らは地球の近くからやって来た可能性が高いとも。

コメント

2:匿名 2019年5月2日 19:04 | 返信

オクスフォード大博士がマジ主張!→✕
オックスフォード大博士がマジ主張!→○
なんじゃね?

1:匿名 2019年4月30日 16:51 | 返信

ここの訳、「鱗と蛇のような目を持つスモール・トール・ボウルドの3種」ではなくて、スモール、トールと、鱗と蛇のような目を持つボウルドということだね。
気候変動だけで人類の大量死ということにはならないだろうから、Chi博士の考えはポイントを外していると思うのだが。グレイ達にとっては、地球の自然というものが非常に貴重なものと映っているので、それを保全するのが善だと思っている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。