【ガチ速報】インド軍が「イエティの足跡」をついに発見、画像公開! 80cmの超巨大足跡…“令和イエティ”の捕獲なるか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「ADG PI – INDIAN ARMY」より引用

 

 平成最後の日にとんでもないものが発見されていたことが明らかになった。なんと、伝説のUMA「イエティ」の足跡をインド軍が公式ツイッターアカウントで公00したというのだ。

 イエティといえば、ネッシーやチュパカブラと並ぶ代表的UMAの1つであり、古くからその存在が噂されてきた謎の大型類人猿だ。シェルパ族の伝承にも登場するが、最古の公式記録は1832年にイギリス人博物学者ホジソンによる目撃報告である。1889年にイギリス人探検家ウォーデルが足跡を発見すると、この謎の生物は一躍有名となった。1951年、シプトン率いるイギリスエベレスト登山隊が足跡の写真を撮影して世界中で大反響を巻き起こして以降、探検家や学者らによるイエティ捜索隊が世界中で多数結成され、幾度も調査が行われてきたのは皆様ご存じの通りである。

画像は「ADG PI – INDIAN ARMY」より引用
画像は「ADG PI – INDIAN ARMY」より引用

 

 そしてこのたび、ミステリーニュース「Unexplained Mysteries」(4月30日付)によると、インド陸軍の山岳部隊がネパールにあるマカルバルン国立公園内のベースキャンプ付近でイエティの足跡を発見したという。その大きさは81×38センチと超巨大だ。イエティの足跡はこれまでにも発見されてきたが、今回は軍が発見したということもあり、信ぴょう性は折り紙つきだ。

 しかも、インド陸軍は「山岳部隊が4月9日にイエティの足跡を発見した。同地域では過去に雪男(snowman)が目撃されている」とコメントしているように、本気でこの足跡がイエティである可能性があると考えている様子。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年5月13日 19:00 | 返信

中国軍が山越えした後にしか見えない。一本足に見える歩き方は山岳ゲリラがよくやる行軍手法。

1:匿名 2019年5月1日 16:15 | 返信

これは少し期待

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。