異種乱交の王者・ボノボは“ゴーストエイプ”ともSEXしていた! ゲノム解析で判明したヤリまくり類人猿のヤバい性態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 現存する動物の中で我々人間に一番近い現生種といわれているチンパンジーとボノボだが、このボノボのゲノム(DNAの全遺伝情報)を解析してみたところ、絶滅した類人猿「ゴーストエイプ」と交配していたことが最新の研究で指摘されている。

■ボノボは“ゴーストエイプ”と異種間セックスしていた

 あまり想像したくない物々しい話にはなるが、もし人間とチンパンジーがセックスをしたとしても子どもが生まれることはない。近いようでいて、人間とチンパンジーは種としては子どもができないほど遠く離れているわけだが、これまでの進化の歴史の中ではセックスすれば子どもができるほど近しい別種の存在もあったのだろう。最近の研究では我々現世人類にはネアンデルタール人のDNAが僅かながらも残っているともいわれている。

 我々の祖先は進化の過程で類人猿系統からさまざまな枝分かれを経て現代人(ホモサピエンス)にたどり着いたといわれているが、現存する種の中で最後に我々人類と袂を分かったのがチンパンジーとボノボだと考えられている。

異種乱交の王者・ボノボはゴーストエイプともSEXしていた! ゲノム解析で判明したヤリまくり類人猿のヤバい性態の画像1
「Live Science」の記事より

 現代に適応される進化の系統樹とは別に、ネアンデルタール人やデニソワ人のように絶滅してしまった種もある。現代の我々は化石などからこれらの絶滅種がかつて存在していたことを確かめられるが、物証がほとんど残っておらず、まさに人知れず絶滅した“ゴースト”な種もあるのかもしれない。

 最新の研究では、ボノボがこれまでその存在が知られていなかった“ゴーストエイプ”と交配していた可能性を指摘している。その一方で、チンパンジーにはこの“ゴーストエイプ”との交雑は認められなかった。

異種乱交の王者・ボノボはゴーストエイプともSEXしていた! ゲノム解析で判明したヤリまくり類人猿のヤバい性態の画像2
画像は「Wikipedia」より

 スペイン・進化生物学研究所(Institut de Biologia Evolutiva)をはじめとする合同研究チームが先日、「Nature Ecology & Evolution」で発表した研究では、59匹のチンパンジーと10匹のボノボのゲノム解析によって、ボノボと絶滅した未知の“ゴーストエイプ”が交雑していたことが推定できると報告している。つまりボノボは、現在は存在しない類人猿と性行為を行っていたのである。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

3:匿名 2019年5月19日 11:15 | 返信

ボノボって争いを好まない代わりに変態なんだよな
つまり人類全員が変態になれば世界が平和になる?

2:匿名 2019年5月18日 21:42 | 返信

この体位の名前が知りたい

1:トランプ大統領 2019年5月18日 21:09 | 返信

これは私の先祖のことだな。だから私の頭はおかしいのか!だから包茎なのか!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。