【衝撃】“イヌを飼うかどうか”はDNAで決まっていた! 8万5千人調査でガチ判明、イヌを愛する遺伝子が存在か(最新研究)

 もしこれを読んでいるあなたがイヌ好きなら、その理由はあなたの遺伝子にあるかもしれない。最近発表された海外の双子研究によれば、ある人がイヌを飼うかどうかに、その人の遺伝子が関わっているというのだ。英「Daily Mail」(5月17日付)ほか、多数メディアが報じている。

画像は「Daily Mail」より引用

 狩猟や牧畜といった仕事の相棒として、あるいは大切なペットとして、イヌは古くから人間のベストパートナーである。イヌと人間、その歴史の始まりは少なくとも1万5千年前にさかのぼるといわれるが、なぜ、どのようにしてこの関係が始まったのかはわからないことだらけだ。

 そもそも、人はなぜペットを飼おうと思うのか? 過去の研究からは「子供の頃に飼っていた」ことが、大人になってからの「ペットを飼おうという積極的な姿勢」に影響していることがわかっている。しかし、この傾向が遺伝的なものなのかどうかは不明だった。そこでスウェーデン・ウプサラ大学の生命科学者Tove Fall氏らは、スウェーデンの双子データベースを用いて約85,000人を調査、その可能性を検討したのである。

 研究では、ゲノムが同一の一卵性双生児と、半分だけ一致した二卵性双生児が比較された。イヌを飼育しているかどうか調査が行われ、“イヌを飼う”という行動に遺伝子が関わっているかが調べられたのである。すると、一卵性双生児では、そうでない双子に比べ、二人ともイヌを飼育している率が明らかに高かった。つまり、イヌを飼うという行動に人間の遺伝子構造が大きく関わっている可能性が示唆されたのである。

【衝撃】“イヌを飼うかどうか”はDNAで決まっていた! 8万5千人調査でガチ判明、イヌを愛する遺伝子が存在か(最新研究)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで