【川崎殺傷事件】登戸の“本当の治安”とカリタス小学校の評判とは!? 不良、コリアンタウン、闇市…治安が悪いという噂は本当か!?

「登戸は沿線に通う不良学生らがたまっていました。特に横浜、川崎、立川にある朝鮮学校の生徒が集まり、また乗り換える駅として毎日のように日本人の不良学生と小競り合いが起きていました」(前出A氏)

 神奈川県警捜査1課は今回の事件に対して、殺人未遂事件としてまずは容疑者を確保し、事件の真相解明に努めようとしたが、確保した容疑者が搬送先の病院で死亡したために、動機などは何かに残されていなければ、謎の通り魔事件で終わってしまうのであろうか。

 被害者のご冥福を祈るとともに、一刻も早い回復を祈るばかりである。

【関連記事】

・なぜ川崎はここまで“エグい土地”になったのか? 貧困、差別、売春、殺人、ヤクザ、ドラッグ… BAD HOPら不良少年の証言を収集した『ルポ 川崎』著者インタビュー

・川崎の地獄は日本の未来か? ディストピアでもがく不良たちのヒリヒリする生き様『ルポ 川崎』磯部涼インタビュー

・今一番ヤバい街「川崎」を撮った写真家・細倉真弓に訊く! 不良、貧困、ヘイトデモ… その裏側にある“地獄のイデア”とは?

文=田崎ゆう(事件ジャーナリスト)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【川崎殺傷事件】登戸の“本当の治安”とカリタス小学校の評判とは!? 不良、コリアンタウン、闇市…治安が悪いという噂は本当か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル