【川崎殺傷事件】岩崎隆一の死に様に捜査員が絶句!骨が見えるほど首切断、血が噴水のように… 小山智史さんは子どもをかばい…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
【川崎殺傷事件】骨が見えるほど首切断、血が噴水のように…岩崎隆一の死に様に捜査員が絶句! 小山智史さんは子どもをかばい… の画像1
写真:編集部


 「こんな男がいるのか…」。捜査員も絶句したのが、28日朝に起きた〝川崎殺傷事件〟の犯人、岩崎隆一容疑者(51)だ。同容疑者は川崎市多摩区登戸新町の路上で、カトリック系学校「カリタス学園」の児童が集まるバス停を襲撃。文化包丁と刺身包丁を両手に持ち、無言で児童や保護者19人を斬りつけて回った。

 犯行時間はわずか十数秒。刃こぼれを想定していたのか、岩崎隆一容疑者が背負うリュックサックの中にはさらに2本のスペア包丁が入っていた。この事件で小学6年栗林華子さん(11)と、子供の付き添いで同行していた外務省職員・小山智史さん(39)が死亡。重傷だった女性(45)と女児2名は快方に向かっているという。

 事件直後を目撃した60代の近隣住民は「地獄絵図。小山さんと思しき男性は仰向けで目を見開き、路上に倒れていた。路面は血の海で、ひと目で瀕死であることが分かる状態。近くには無地のスカートが真っ赤に染まり、心臓マッサージを受けている女児もいた。それを見守る他の児童は泣き叫ぶというより、怯えて呆然としている感じ。大人たちが必死に『もう大丈夫だからね』と声を掛けていたのが印象的だった」と証言する。

コメント

6:匿名 2019年6月3日 22:17 | 返信

一人で死ね、それはやめろ関係ない

自衛隊時代強姦で小学校用務員成れた宅間はエタ、部落民だった

池田小には恨みはないが、、関西穢多蔑視の社会の象徴池田小だった

宅間曰、雑民は将来有望な子供を、、

5:匿名 2019年6月2日 09:13 | 返信

マウンティングという表現を使う奴は寒すぎる

4:匿名 2019年6月1日 23:59 | 返信

1はどちらが凄いかどうかの話をしている時点で不謹慎極まりない

被害者の身になって考えて書けよ

3も幼稚な反応してねーでそこ指摘しろ

3:匿名 2019年6月1日 22:07 | 返信

>>1

お前のつまんねー話、マウンティングのつもり?
しょーもねーな、ゴミ。
「もっとすごい話知ってるんだボク、凄いでしょ」
って小学生かよ

2:匿名 2019年6月1日 08:17 | 返信

令和からぶっ壊れてる事件が日本でも起き始めたね
目指せブラジルってか?

1:匿名 2019年5月31日 10:47 | 返信

買ったばかりのよく切れる包丁で刃渡りのあるやつなら、思い切りよく引けばスッパリいくかも。
それよりアウトドアでケガして壊疽にかかった脚をペチナイフ(恐らくなまくら)を使い自力で切断した話があるが、そっちのがすごいと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。