「2020年に恐竜は復活する」世界的古生物学者が宣言! 半分出来上がった「チキノサウルス」の衝撃的特徴とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
「2020年に恐竜復活する」世界的古生物学者が宣言! 半分出来上がった「チキノサウルス」の衝撃的特徴とは!?の画像1
ヴェロキラプトル。画像は「getty images」より引用

 

 2015年、世界的古生物学者ジャック・ホーナー博士は、「5年以内に恐竜を生み出すことができる」と断言した。期限が来年に迫る中、ふたたび博士の発言が話題になっている。

 ジャック・ホーナー博士は、映画『ジュラシック・パーク』の全作品を通じてテクニカルアドバイザーを務め、同作品に登場するアラン・グラント博士のモデルにもなった恐竜研究の世界的一人者だ。

 そんなホーナー博士は米誌『People』オンライン版(2015年6月16日付)で、「5年以内に恐竜を遺伝的操作により生み出すことができる」と語っていた。

・「The Science Behind Jurassic World: How Dinosaurs Could Be Making a Comeback in the Next Five Years」(People)

 映画『ジュラシック・パーク』では、琥珀に閉じ込められた古代の蚊から恐竜のDNAを抽出し、恐竜を再生したが、今ではこの手法は廃棄されている。あまりにも長い年月によりDNAが劣化してしまっていることが近年明らかになったからだ。

 今は恐竜の遺伝子的特徴を受け継いでいるニワトリのDNAを逆行解析することで、恐竜を生み出す手法が取られている。ホーナー博士によると、“チキノサウルス”は可能であるだけでなく、半分は出来上がったも同然だというから驚きだ。なぜなら、「当然、鳥は恐竜」だからだという。

コメント

4:匿名 2019年6月23日 16:31 | 返信

リアル ジュラシックパーク!

3:トランプ大統領 2019年6月23日 11:47 | 返信

鳥を遡っても系統が違うから恐竜にはたどり着けない。
近代に絶滅した動物を復活させる方がまだ現実的だ。
無駄なことをしていないで、モアやエピオルニスを復活させて乗り物として活用した方が良い。
ダチョウに乗ってギリギリレースが出来るのだから、もっと大きい鳥ならば余裕でレースが出来る。
馬よりも大型のダチョウの方が卵も食べられるし有効利用出来るはずである。
日本に限ってはニホンカワウソやニホンアシカやニホンアザラシ
ニホンオオカミにオオヤマネコや大型のナウマンゾウとかオオツノジカも復活させて
動物園というか絶滅危惧種を養殖した方が現実的ではあるな。
日本にも象さんいたのに何で海外から輸入しなければならんのか?人間はやはり危険な動物だ。
特に大陸系の人間は排除すべきだと思う。縄文人や日本人を殺そうとしているのだから。

2:匿名 2019年6月22日 17:46 | 返信

擬似恐竜動物園は稼げるでしょ
問題はあるけど

1:匿名 2019年6月22日 13:07 | 返信

鳥の先祖の恐竜って、ごくごく一部の恐竜がそうなっただけなんだけど。
恐竜動物園といえるまでの種類ができるのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。