【朗報】臭いニオイを嗅ぎながら勉強すると記憶力が超絶アップすると判明! 悪臭が記憶を定着させる研究がスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 社会に出てからでも、必要に迫られて試験勉強をしなくてはならないこともあるだろう。なるべくストレスを受けることのない快適な環境で勉強したいものだが、最新の研究ではなんと、悪臭にまみれた空間で勉強をしてみるのも悪くないというから驚きだ。

【朗報】臭いニオイを嗅ぎながら勉強すると記憶力が超絶アップすると判明! 悪臭が記憶を定着させる研究がスゴい!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

■ネガティブな記憶は強化される

 思い出には良い思い出もあれば悪い思い出もある。良い思い出だけに浸っていられるならそれに越したことはないが、強烈な体験として記憶に残っているのは、往々にして悪い思い出が多いかもしれない。

 悪い思い出は最悪の場合、「トラウマ」となってその後の悩みの種になってしまうが、我々はどうしてこうもネガティブな思い出をため込んでしまうのか。

 これまでの研究で、悪い思い出はより強く記憶に残るとともに、関連する対象の幅を広げていく効果もあることが報告されている。例えば犬に噛まれた体験を持つ者は、往々にして犬にまつわる物事や現象一般にネガティブな印象を持つようになり、結果として犬嫌いになる。このように悪い思い出はかなり厄介なものなのだ。

 悪い思い出が持つこのメカニズムを逆手にとって、例えば指にピリピリする不快な電流を流しながら英単語などの暗記を行うと記憶が定着しやすという研究結果も報告されている。つまり電流という不快な刺激を伴う暗記は、悪い思い出となって記憶に残りやすくなるのだ。

 では電流の刺激のほかにも、人間の五感のいずれかで不快な思いをしながら体験した出来事はより強く記憶に刻まれるのだろうか。そこで米ニューヨーク大学の研究チームが今年2月に「Learning and Memory」で発表した研究では、嗅覚を不快にさせることで、痛みなど触覚の刺激と同じように記憶が強化されるのかどうかを実験を通じて探っている。ちなみに触覚と違い、嗅覚を刺激する実験は子どもたちを参加させても倫理的に問題がないとされている。

【朗報】臭いニオイを嗅ぎながら勉強すると記憶力が超絶アップすると判明! 悪臭が記憶を定着させる研究がスゴい!の画像2
「ZME Science」の記事より

「ネガティブに関連づけられた(悪い思い出の)一般化と持続は、思春期の間にしばしば現れる不安障害の中心的な要因です」と研究チームのキャサリン・ハートレイ助教授は語る。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年7月10日 12:01 | 返信

臭くて嫌いな教師の授業で
成績上がった奴いないぞ(笑)

2:トランプ大統領 2019年7月10日 02:04 | 返信

そんなことをしても臭いだけだろう!馬鹿か?覚えても一時的だと思う。
そうではなく、普通に記憶する力を上げる方法だよ。
ウンコを握りしめながら、頭良くしろよって言われても説得力無いだろう。
一時記憶力を上げて長期記憶に持って行く方法だ。食べ物でも電気治療でも遺伝子治療でも良い。
私の場合は宇宙人のインプラントを外せば頭が良くなると思うのだ。
前頭葉が曇っていて考える力が抑えられているように思うし、チョンの火病がインプラントから脳に悪影響を与えているようで、変なことを考えて無駄に集中力を欠いている感じがあるのだ。
ここトカナでの書き込みに日本人を馬鹿にするように仕組んでいるなどと言っているので、間違いなくやっているし、チョンが火病って私の物まねをして自作自演の演技を繰り返している。
ここで生きていくのは無駄で不幸なことだとはっきりした。
よって頭を治してクローン増殖し、私によって独立国家樹立することだ。
私は人間では無い生物なので何ら問題は無い。増えることに違和感もないだろう。
記憶力というかすべての機能が向上して正常になることで、AIの宇宙人を修理したり戦えるのだ。

1:匿名 2019年7月9日 22:30 | 返信

せっかく記憶が定着してもそれがネガティブな衣をまとってるんじゃ嫌だなぁ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。