【原田龍二のUMA連載】自らネス湖に行ってネッシーを激写!“モスマン”探索での不思議体験も衝撃暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――原田龍二の『謎のいきものUMA大図鑑』発売記念、短期連載! <連載まとめはこちら>

 

ミステリーチェイサー原田龍二の謎のいきものUMA大図鑑(宝島社)



 世界一有名なUMAといえばネス湖(イギリス)の“ネッシー”ではないでしょうか。

 

イラスト=奥田けい(SUPER MIX)

 1934年にロンドンの外科医がネス湖を撮影した際に、湖面に首の長い生き物が写っていました。それはまるで絶滅した巨大なプレシオサウルスのように見え、世の中は未確認の恐竜が現れたと当時、大騒ぎになりました。

 ですが、後にこの写真は潜水艦の模型を使ったニセモノだったと撮影をした本人が暴露し、その存在自体を疑われました。

 しかし、ネッシーの目撃情報はその後も消えず、現在までに4000件近くあり、UMAの中でも一番の目撃率の高さです。また、数多くの証拠写真も残され、アメリカのボストン応用化学アカデミーやイギリスの海軍が調査をするなど、国の機関が調査を行っています。

 そのことから実はネッシーは存在していて、すでに国が保護しているというウワサもあるほどです。

 実は僕もネッシーを探索に行った際に、ネッシーを撮影したことがあります。湖を撮影したら黒い影が写っていたんです。湖の大きさと比較しても、とても大きな影でした。

 湖のそばにはネッシー博物館もあり、たくさんの資料が展示されていますよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。