米軍、UFOを目撃するための赤外線センサー”IRSTs”を導入へ! 中尉も証言「正体不明の謎の飛行物体が…」

米軍、UFOを目撃するための赤外線センサーIRSTsを導入へ! 中尉も証言「正体不明の謎の飛行物体が…」の画像1
画像は「The Drive」より引用

 今年に入り、米海軍が新たなUFOガイドラインの作成を発表し、話題になったばかりだが、早速、米戦闘機にUFOを検知するためと思しき赤外線センサーが設置予定だと判明した。

 当時、米海軍は「Politico」の取材に対し、新ガイドライン作成の目的を次のように説明していた。

「近年、無許可あるいは正体不明の航空機が、軍の管理している地域や空域に侵入したという複数の報告がある。安全性とセキュリティ上の懸念から、米海軍(および空軍)ではこれらの報告を非常に真剣に受け止め、全報告を調査している」

 米海軍はこのガイドラインで、正体不明の飛行機——つまりUFOと遭遇したパイロットらから情報を収集し、分析・評価するためのプロセスを正式なものとした。

 そうした中、航空情報サイト「The Drive」(7月9日付)のTyler Rogoway氏は、最近になって米国防総省がイニシアチブを取り、米海軍が所有する戦闘機「スーパーホーネット」や、米空軍が所有するF-15C戦闘機に赤外線捜索追尾システム(IRSTs)を実装しようとしていることに気づいたという。IRSTsはパイロットらが遭遇した“謎の物体”を検知・追跡し、研究するための理想的な設備とのことだ。

・「U.S. Fighter Jets Are About To Get Infrared Sensors That Could Be Huge For UFO Reporting」(The Drive)

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

【手相】玉の輿線、成り上がり線、ヒモの才能線  今回は、...

米軍、UFOを目撃するための赤外線センサー”IRSTs”を導入へ! 中尉も証言「正体不明の謎の飛行物体が…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで