【速報】米軍パイロット「ほぼ毎日UFOを目撃」していたとガチ判明! 中尉ら5人証言「回転するフタだった」軍も正体分からず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

 2014年の夏から翌15年3月ごろまで、ほぼ毎日のようにUFOが現れていた——。米海軍のパイロットらの報告が明らかになり、大きな話題となっている。米「The New York Times」が報じた。

【速報】米軍パイロット「ほぼ毎日UFOを目撃」していたとガチ判明! 中尉ら5人証言「回転するフタだった」軍も正体分からずの画像1
画像は「MSN」より引用

■毎日のように現れた奇妙な飛行物体

「The New York Times」(5月27日付)の記事によると、謎の飛行物体を目撃したのは米海軍でF/A-18E/Fスーパーホーネットのパイロットを務めるライアン・グレイブス中尉ら5人である。

 証言によると、米東海岸の上空に不思議な物体が姿を見せ始めたのは2014年夏ごろだったという。風に逆らって移動する回転するフタのような物体で、エンジンや排気などは確認できなかった。以来、その物体は頻繁に姿を見せるようになり、2015年3月まで、ほぼ毎日目撃された。

 物体は上空3万フィート(約9.1キロ)まで達し、超音速で飛行できたという。また、12時間ほど空中を飛び続けたこともあり、それは証言したパイロットらの予測をはるかに超える、長時間の飛行であったそうだ。

 また、同時期、上空で物体と接近する事件も多発していた。今回証言したパイロットらも、ヴァージニアからフロリダ沖で行われた空母セオドア・ルーズベルトの演習中、謎の物体を目撃したと主張している。2014年の年末には、スーパーホーネットのパイロットがその物体とニアミスする事件が起きたほか、2015年初頭には飛行機のカメラで動画が撮影されているとのことだ。

 パイロットらによると、物体を目撃し始めた頃、ちょうど機体の観測機器の更新があったという。それ以降レーダーに謎の物体が現れるようになったが、パイロットらがそれを報告しても上層部はあまり取り合ってくれなかったそうだ。グレイブス氏は高度3万フィート(約9.1キロ)の上空や海面近くを飛ぶ、急停止や急速な方向転換をする飛行物体を目撃したと語る。

関連キーワード

コメント

2:トランプ大統領 2019年5月29日 13:29 | 返信

商業用の偵察機?移動販売しているのか?
私も利用したいので飛んで来てもらいたい。
クローン製造機と子供の世話の出来るメイドロボと身を守る為の戦闘ロボに地上人類が抵抗しても無駄な兵器に宇宙人のインプラントを外したり遺伝子治療や再生治療が可能な医療機器と国家建設が出来るだけの資材を乗せた巨大な宇宙船を購入し、宇宙人として活動したいのだ。代金の支払いはどの様になっているのかは知らないが、子供が育ったら、何か文化祭でも開催してそこで芸を披露したり、工芸品を作り、それを代金として支払おう。宇宙人が物資や地球の金に興味があるとは思えないので、それで良いと思う。しかし鍋蓋なら、肝心な鍋の方はどこに行ったのか?まさか人間を入れて料理しようという鍋型の偵察機ではなかろうな?人肉喰いの宇宙人ならあり得る。救世主と称してやって来て、信者たちを乗せて宇宙に飛び立つが、実は飛ぶ時短調理器具だった。とか?人間は既に煮込まれ調理済みに。そう言うのは、頭のおかしい奴だけで良い。私には関係ない。しかしおかしいのは米軍がその鍋蓋を攻撃しない事が気になる。やはり宇宙人から何かを通販で購入しているのではないか?警告して応答無ければ攻撃しないのは不自然だ。全くもって対応が不十分だ!鍋蓋も俺の所に来い!一斗缶では何も買えないだろう!

1:匿名 2019年5月29日 11:56 | 返信

目撃しました~、でも正体は分かりましぇーん、っていう記事は要らないわ。
 
ニラサワさんVS大槻教授と同じくらい無意味。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。