「軍からUFO情報の説明を受けた」新たに米議員3人が激白する異常事態! UFO・宇宙人情報の完全開示が近い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
米国会議員3人が激白「軍からUFO情報の説明を受けた」! 裏で超大物政治家が手引き、機密の全開示も近い!の画像1
ニミッツUFO事件。「Las Vegas Now」より引用

 

 次々と明らかにされる米海軍のUFO目撃情報。昨年、2004年に起こった「ニミッツUFO事件」に関するレポートが公開されたことを皮切りに、今年に入ってからも米海軍のパイロットが「ほぼ毎日UFOを目撃」していたと告白UFO番組では巡洋艦のチーフ・オフィサーが、USO(未確認潜水物体)を目撃してしまったため、軍に圧力をかけられたことを暴露している。

 そうした中、米海軍はUFO遭遇時の新たなガイドラインを作成したり、ドナルド・トランプ大統領が初めてUFOについて口を開いたりするなど、これまでにない動きが見られる。

 米国会議員らからも海軍に対しブリーフィングを求める声が多く、米政治ニュース「POLITICO」(6月19日付)によると、この度、新たに3人の議員がブリーフィングを受けたことが明らかになったという。その一人である上院情報委員会の副委員長であるマーク・ワーナー上院議員は、確かにUFOに関するブリーフィングを受けたと「POLITICO」に話したそうだ。

・「Senators get classified briefing on UFO sightings」(POLITICO)

「海軍パイロットが空中で説明不可能な妨害に遭遇しているなら、それは解明しなければならない安全上の懸念だとワーナー議員は考えています」(ワーナー議員のスポークスマン)

コメント

6:匿名 2019年6月24日 01:45 | 返信

生命体はいるんじゃね?
いないと言ってる人達は宇宙人がいないと言ってるだけで。

いるなら証拠見せてみろって話

5:匿名 2019年6月24日 01:10 | 返信

地球にしか生命はいないと思うことは、それこそ傲慢だ。

4:匿名 2019年6月23日 03:52 | 返信

いないな

3:匿名 2019年6月22日 18:05 | 返信

この世界はごっそり切り捨てられる世界かもしれないね

2:匿名 2019年6月22日 14:13 | 返信

ETIがいないと思考停止してるパンピーは放っておいて、宇宙の勢力図を知る努力をすべき。
宇宙版の万国公法が有る事を探らないいかんぜよ。

1:特命 2019年6月22日 13:36 | 返信

天文学・生物学を少しでもカジってればETIが存在する可能性は限りなく0に近いとわかるだろうに

ましてETIが米政府と密約なんざギャグにもならん

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。