【重要】米国防省UFO問題を実名で証言!グアダルーペ島でUSO多発の事実も… 米ヒストリーチャンネル「UFO番組」が本格的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

世界が大注目する米ヒストリー・チャンネルUFOドキュメンタリー『Unidentified: Inside America’s UFO Investigation』日本最速レビューシリーズ!

【重要】米国防省UFO問題を実名で証言!グアダルーペ島でUSO多発の事実も… 米ヒストリーチャンネル「UFO番組」が本格的!の画像1
画像は「Getty Images」より引用


 USO(未確認潜水物体)のホットスポットと呼ばれる、米カリフォルニア州南部にあるサンタカタリナ島

 1960年2月、アルゼンチン海軍がサンタカタリナ島付近の海中で、無数の光を放ち移動する物体を発見、「アメリカの潜水艦だと思い、注意深く監視したところ、物体は6つに分離し海中から飛び出し、空高く飛んで消えた」という報告を行っている。「アメリカの潜水艦が水雷を放ったのを見間違えた」という説もあるが、当時の潜水艦が6つの水雷を同時に発射することは不可能だった。

 この物体に興味を持った元ソビエト連邦閣僚会議議長のニキータ・フルシチョフは、調査のために外交官をブエノスアイレスに送り込んでいる。そのことから、ソ連はこれがUSOだったと確信していたに違いないと囁かれている。

 周辺には他にも多くの目撃証言が存在する。1989年2月7日、まだ薄暗く霧の濃い早朝、サンタカタリナ島付近の海中をダイビングしていたダイバーが、巨大な物体が海面に現れ、そこから何十体もの物体が飛び出し、南へ消えて行ったと証言している。また、1992年6月24日の夜には、同じ場所から無数の光る物体が海から飛び出し、南へと消えて行ったのを複数の住民が目撃していることから、この場所にはUSOのマザーシップが沈んでいるのではないかとも言われている。

 サンタカタリナ島から飛び出したUSOだが、飛んでいったのは南だという証言がほとんどだ。南には、ホホジロザメの生息地として有名な火山性の島、メキシコのグアダルーペ島がある。

 米ヒストリーチャンネルで6月14日に放送された『Unidentified: Inside America’s UFO Investigation』第三話では、「ニミッツUFO事件」のUFOがレーダーから忽然と消えた場所が、このグアダルーペ島だと明かされる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。