バミューダトライアングルに“1万8千人で突撃する”空前絶後のミッション発動! 全滅必至、「魔物」特定のため決死の作戦遂行へ!

 しかし、トカナでもお伝えしたように、さらに有力な説が2016年に発表されている。米・コロラド州立大学の衛星気象学者、スティーヴ・ミラー博士をはじめとする研究グループが、秒速75mを超える「空気爆弾」こそが犯人であると突き止めた。

 ところが、2018年には英・サウサンプトン大学の海洋地球学の専門家サイモン・ボクスオール氏をはじめとする研究チームが、“悪党波”こそが真犯人だとする研究を発表した。バミューダトライアングルには南と北、それからフロリダ州から来る3つの嵐が集中し、高さ30mを超える巨大な波が発生するというのだ。

バミューダトライアングルに1万8千人で突撃する空前絶後のミッション発動! 全滅必至、「魔物」特定のため決死の作戦遂行へ!の画像3
画像は「getty images」より引用

 しかし、「空気爆弾」、「悪党波」では説明できない1つの謎が残る。バミューダトライアングルの怪異として挙げられる「コンパスや計器の不調」をこれらの自然現象では説明できないのだ。バミューダトライアングルには本当に“魔物”が潜んでいるのかもしれない。

バミューダトライアングルに1万8千人で突撃する空前絶後のミッション発動! 全滅必至、「魔物」特定のため決死の作戦遂行へ!の画像4
画像は「getty images」より引用

 バミューダトライアングル急襲計画が、エリア51急襲計画「Storm Area 51」のパロディであることは明らかだが、主催者のアンソニー・ドミニク・カーノヴァル氏は計画に使用するボート購入のためのファンドレイジング(目標額約800万円)を始めるなど、かなり本気のようだ。ただし、参加者はスポンジボブか海賊のコスプレをしなくてはいけないらしい。なぜそれが必要なのかは分からないが。

 これまでの説明で十分だとは思うが、参加者には命を捨てる覚悟が必要だ。たとえバミューダトライアングルに魔物がいないとしても、30mの悪党波あるいは空気爆弾が襲いかかってくる。参加するのは個人の自由だが、その時にスポンジボブや海賊のコスプレで逝きたいだろうか? 参加者にはよくよく考えてもらいたい。

参考:「The Independent」、ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

バミューダトライアングルに“1万8千人で突撃する”空前絶後のミッション発動! 全滅必至、「魔物」特定のため決死の作戦遂行へ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで