【衝撃】月面に超巨大収容施設が存在することがグーグルムーンで発覚! 「NASAの隠蔽ミス」識者断言、エイリアンの“空き家”か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 月面にシェルター型の“都市”か――。著名なUFO研究家がグーグルムーンの画像から月面の巨大施設を特定した。

■月面にエイリアン巨大施設

 NASAが2009年に運用を開始した月周回無人衛星、ルナー・リコネサンス・オービター(Lunar Reconnaissance Orbiter、LRO)が撮影した月面の画像は、グーグルアースの月面版であるグーグルムーンで活用されている。

 台湾在住のUFO研究家、スコット・ウェアリング氏が先日、このグーグルムーンの画像からエイリアンの巨大施設を発見したことをUFO情報メディア「ET Data Base」の記事で報告している。全長が15キロにも及ぶ巨大な施設は、さながらそれ自身が1つの都市である。グーグルムーン上の座標は「49°54’5.25″N 142°37’43.85″E」だ。

【衝撃】月面に超巨大収容施設が存在することがグーグルムーンで発覚! 「NASAの隠蔽ミス」識者断言、エイリアンの空き家か!?の画像1
「ET Data Base」の記事より

「デ・モラエス(De Moraes)クレーターで9マイル(15キロ)以上の長さのエイリアンの構造物を発見しました」(スコット・ウェアリング氏)

 同名のYouTubeチャンネルに投稿された動画の中で、このエイリアンの“巨大施設”を解説しているウェアリング氏だが、見やすくするために画像の明るさをいくつかのレベルで変えており、この施設の下方の大きな影はどのレベルでも真っ暗のままだ。

「ここに構造物があります。しっかりした建造物のように見えます。この物体はきわめて巨大で、その一部はチューブ状のように見えます」(スコット・ウェアリング氏)

 その構造物は確かに人工的に造られたかのような外観をしており、周囲の地形からは浮き上がって見える。

【衝撃】月面に超巨大収容施設が存在することがグーグルムーンで発覚! 「NASAの隠蔽ミス」識者断言、エイリアンの空き家か!?の画像2
「Express」の記事より

「すべてのアングルから見てみてください。決してピクセル化(pixilation)されたもののようには見えません。エイリアンの建造物を真横から眺めた姿をしています。実に驚かされるクレイジーでクールな物体です」(スコット・ウェアリング氏)

 もちろんこの興味深い画像もまたNASAの月観測衛星によって撮影されたものである。ウェアリング氏は画像上でこの構造物の大きさを計測しているのだが、幅も奥行きも約16キロととてつもなく巨大である。都市がそのまますっぽりと入った超巨大シェルターといった形容もできるのかもしれない。

コメント

3:匿名 2019年8月7日 09:14 | 返信

地球外生命体が存在する、という認識がベースにないと認識できない記事。
 
認識しないといけない事項をいくつか飛ばしているので、理解できない人には『絵空事』にしか見えない記事になる。
 
人類は2極化していく、とヒトラーも話していたが何となく意味が分かり始めた。

2:オッパイ大好き 2019年8月5日 19:18 | 返信

合成の ように見える

1:匿名 2019年8月5日 16:20 | 返信

繋ぎ合わせりゃ線も出るっしょ(≡≡;)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。