「雷」に打たれた人間7人に起きた信じられない奇跡と変化とは!? 超能力獲得、視力回復、連続落雷…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

 夏の時期、暑さに加えて気をつけるべきは落雷である。日本では雷の直撃を受けた人の7割が死亡しているといい、雷が鳴り始めたら屋内に避難するよう呼びかけが行われている。危険な雷であるが、世界には雷に打たれて生還し、さらなる奇跡を体験した人々もいる。今回はそんな人々を7人ご紹介しよう。

画像は「Getty Images」より引用

1. ピアニストになった男

画像は「Astoundable」より引用

 1994年、米国の整形外科医トニー・シコリア氏は公衆電話を使った直後、近くに落ちた雷を受けて一時心停止に陥る重傷を負った。たまたま次に電話を待っていたのが看護師で、シコリア氏は顔にやけどを負ったものの一命を取り留めた。

 シコリア氏は一時的に記憶障害になったものの、数週間後にはすっかり回復していた。だが、なぜかピアノの曲を聴きたいという強い欲求が湧き始めた。それまで音楽には興味がなかったというが、彼の頭の中には聞いたこともないメロディが常に流れていたという。ついにはピアノを購入して演奏や作曲を学び始め、今ではプロの作曲家・ピアニストとして活動している。

2. 7回雷に打たれた男

画像は「Astoundable」より引用

 彼に関しては、奇跡というよりは大変な不運といった方が適切だろう。米国で国立公園の監視員をしていたロイ・サリヴァン氏は、1942年に最初の落雷を経験して以降、1977年までに別の場所で7回も雷を受けたことで知られている。落雷を受けるたびにやけどやケガを負い、意識を失ったり入院したりすることもあったが、命を落とすことはなかった。同じ人物に7回も雷が落ちる確率は1極(10の48乗)分の1だという。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年8月3日 10:05 | 返信

のちのドラえもんに出てくる盆栽や窓を野球のボールで破壊されまくる神成さん(かみなりさん)である。
でも最近の子供外で野球はしないw

2:匿名 2019年8月2日 16:48 | 返信

雷に撃たれたら絶倫になったり女にモテ始めたりさた例があって欲しい

1:丑 2019年8月2日 10:24 | 返信

何も開眼せんと7回は嫌だな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。