韓国に現存する「飾り窓」ヨンドゥンポを取材! 飛田新地と酷似…ピンク電飾、かわいい子多め、廃墟風俗も!

 日本のちょんの間は和風のお店とはまた雰囲気の違う、オランダの飾り窓風のお店は見ものである。

韓国に現存する「飾り窓」ヨンドゥンポを取材! 飛田新地と酷似…ピンク電飾、かわいい子多め、廃墟風俗も!の画像3 韓国に現存する「飾り窓」ヨンドゥンポを取材! 飛田新地と酷似…ピンク電飾、かわいい子多め、廃墟風俗も!の画像4

「ちょっと寄っていってよ~!!」

 と流暢な日本語で客引きをしている女性もいた。聞けば、女の子の中には日本の風俗店で働いた経験がある子も多いそうだ。ちょんの間は日本人の客も多いから、日本語が話せるとアドバンテージになるそうだ。

 ただ昨今は、日韓関係もだいぶん悪くなっているので、日本人客も減少傾向だそうだ。

  韓国のチョンの間の中でも最大規模だったのがオーパルパルだ。オーパルパルという名前はちょんの間がある住所“清凉里 588”からきている。588を韓国語読みするとオーパルパルなのだ。

 僕は10年ほど前から何回も韓国旅行をしているが、まだオーパルパルに行ったことはなかった。

 2017年の春『解体されることが決まった』というニュースを聞いた。

 5月に取材で韓国を訪れる際に、見に行くことにした。最寄り駅で降りると重機の音が聞こえてきた。土埃の臭いもした。

「あ~取り壊しがはじまってる!! 残念!!」

 と同行者の編集者が言った。

 街にはシートがかけられて、ガンガン取り壊し工事をしている真っ最中だった。

韓国に現存する「飾り窓」ヨンドゥンポを取材! 飛田新地と酷似…ピンク電飾、かわいい子多め、廃墟風俗も!の画像5

韓国に現存する「飾り窓」ヨンドゥンポを取材! 飛田新地と酷似…ピンク電飾、かわいい子多め、廃墟風俗も!の画像6

 シートの隙間から中をのぞいてみると、潰されて、基礎部分がむき出しになっている建物が見えた。地下に続く階段も日光に照らされていた。

 電線も切断され、電柱から無残に垂れ下がり風に揺れている。

韓国に現存する「飾り窓」ヨンドゥンポを取材! 飛田新地と酷似…ピンク電飾、かわいい子多め、廃墟風俗も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル