「千と千尋の神隠し」を中国共産党が政治利用か!? 宮崎駿監督と中国の“特別な”関係性…「ジブリだけはネットから削除されない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
「千と千尋の神隠し」を中国共産党が政治利用か!?  宮崎駿監督と中国の特別な関係性…「ジブリだけはネットから削除されない」の画像1
中国版千と千尋神隠しの広告ポスター。画像は「百度」より引用


  本日金曜ロードショーで放送予定の宮崎駿監督アニメ映画『千と千尋の神隠し』が中国で話題だ。日本で2001年に公開されてから18年経った今、中国で劇場公開され大ヒットしているのだ。同時公開されていたピクサー映画『トイストーリー4』を押さえ、現在までに興行収入は4億8500万元(約78億円)に上っている。

 昨年には、同じジブリ作品の『となりのトトロ』が劇場公開されており、興行収入は30億円を突破している。

 両作品含め、ジブリ作品の多くは「動画共有サイト」などに違法アップロードされており、無料視聴することも難しくはない。にもかかわらず、これだけの興行収入を記録したことは、特別の意味があるといえる。

 実は宮崎駿監督と中国が、特別な関係にあることはあまり知られていない。スタジオジブリ設立前の1984年、宮崎駿監督は東映動画(現東映アニメーション)時代の先輩である高畑勲監督と共に、上海美術映画制作所という当時、中国最大のアニメ制作会社を訪れ視察していたのだ。

 宮崎監督は、かねてから中国の水墨画に関心があったとされ特に、同製作所が1960年に公開した水墨画映画《小蝌蚪找妈妈(英語タイトル:Where is Mama?)》は、監督のその後の作品作りに大きな影響を与えたとも言われている。そんな同製作所への訪問は、宮崎監督にとって更なる高みへのきっかけとなったに違いない。

コメント

1:匿名 2019年8月18日 02:43 | 返信

漫画や音楽は悪くなると見たり聞いたりしたくなるなるが、宮崎駿監督の映画だけはどんなにつまらなくなったとしても見ておきたいと思ってしまう。
だいぶ前にテレビの取材に応じて実は秘密裏に映画を作っていると明かした。
でもだいぶ歳だから、それが出来上がることには自分は死んでいるかもしれない。今の歳ですでに棺に片足突っ込んでいるのだからと言っていたような気がする。
映画を作り終えてポックリ逝くのが本望だとも言っていた。理想の人生だと。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。