東京五輪・お台場の水質問題の裏に「フリーメイソン」が存在する4つの証拠! 元議員が暴露、衝撃の”放送計画”と数字の13…!!

 8月17日、東京・お台場海浜公園で行われたたパラトライアスロンのワールドカップで、水質の悪化によりスイムコースが中止になった。翌日には水質が改善して試合が行われたものの、この大会は2020年東京五輪のテスト大会を兼ねており、来年の本番に向けて大きな課題を残した。

 水質悪化の原因として、台風による大量の降雨や水質を確保する水中スクリーンが1枚しかなかったことが挙げられている。テスト大会実行委員会によれば、五輪本番では3枚のスクリーンが使用されるため、競技の実施に問題はないという。しかし、別の日に行われたオープンウォータースイミング大会では、参加選手が「トイレのように臭かった」と証言している(朝日新聞8月11日付)。

東京五輪・お台場の水質問題の裏に「フリーメイソン」が存在する4つの証拠! 元議員が暴露、衝撃の放送計画と数字の13…!!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 競技会場の変更を検討すべき状況に思われるが、不可思議なことにそのような動きは見られない。「アスリート・ファースト」を謳うのならば、たとえ23区内から離れたとしても、もっと環境の良い場所で競技を行うべきではないのか?

 以下、元国会議員に聞いた面白い話。

東京五輪・お台場の水質問題の裏に「フリーメイソン」が存在する4つの証拠! 元議員が暴露、衝撃の放送計画と数字の13…!!の画像2
お台場の自由の女神

 水質状況にも関わらず大会組織委がトライアスロン会場としてお台場にこだわる背景には、フリーメイソンが関わっているらしい。お台場はそもそも開発段階からフリーメイソンが関与しているといわれている。その証拠は以下だ。

1、お台場にはフリーメイソンによる贈り物である自由の女神がある。

2、会社ロゴにプロビデンスの目をあしらい、社屋にも目、つまりソニックボール(球体展望室)を備えたフジテレビが本社を構えている。

東京五輪・お台場の水質問題の裏に「フリーメイソン」が存在する4つの証拠! 元議員が暴露、衝撃の放送計画と数字の13…!!の画像4
画像は「Wikipedia」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ