大分県波当津に12mの巨大海洋UMA「ハッシー」出現! 「クジラやイルカではない」「巨大クチバシと歯」関係者に直撃!

関連キーワード:

,

,

 謎の未確認水生生物といえばネッシーだが、実は日本にも類似したUMA(未確認生物)は存在する。有名なところでは、北海道釧路湖のクッシー、鹿児島県池田湖のイッシーなどがいるが、この度、大分県波当津で12mを超える巨大UMAが目撃されていたことが明らかになった。

 今月11日、波当津(はとうづ)の“ハ”から「ハッシー」と命名されたその生物の絵が、ツイッターに投稿され、いま大きな注目を集めている。投稿によると、その絵は市役所の職員が描いたものと聞いたということなので、トカナ編集部は、佐伯市蒲江振興局に電話取材を申し込んだ……のだが……。

大分県波当津に12mの巨大海洋UMA「ハッシー」出現! 「クジラやイルカではない」「巨大クチバシと歯」関係者に直撃!の画像1
ハッシー想像図。(波当津美術館提供)


 職員の方から帰ってきた返事は意外なものだった。なんと、市役所にハッシーを知る人物いないというのだ……。話によると、ツイッターで話題になっているハッシーの絵は、地元の「波当津美術館」に展示されているものらしい。

 なんだか雲行きが怪しくなってきたが、意を決して、美術館を運営する神路祇隆(こおろぎ・たかし)さんに電話を掛けてみたところ、驚愕の事実が発覚した。


――ハッシーの絵が展示されていると聞いたのですが?
神路祇さん
 はい、展示しています。1つは目撃者が描いた色鉛筆の絵、そして1つは私が全体像を想像して黒板に描いた絵です。

大分県波当津に12mの巨大海洋UMA「ハッシー」出現! 「クジラやイルカではない」「巨大クチバシと歯」関係者に直撃!の画像2
大分県波当津。「Google Map」より

――おお! ということは、実際にハッシーを目撃した方がいらっしゃるんですね!
神路祇さん
 目撃者は地元のHさんです。1年ほど前に沖釣りに出かけた際に目撃したそうです。場所は宮崎県寄りだと言っていました。

――ハッシーはどんな姿だったのでしょうか?
神路祇さん
 Hさんによると普段から見慣れているクジラやイルカではなかったとのことです。船から20mほど離れたところで、水面からクチバシのようなものと歯が見えたそうです。海面に出ていたのは全体のうち7mほどだったというので、本人の絵を元に私が海面下の姿を想像しました。全長は12mほどあったのではないかと思います。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ