「史上最高のビッグフット映像」の存在が発覚! まじやばい…UMAスカンク・エイプの可能性も=米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 ビッグフットというと1967年に撮影された「パターソン・ギムリン・フィルム」が大変有名だが、実はこれ以外にも「史上最高のビッグフット映像」と称される動画が存在するという。英「Daily Star」が8月18日付で報じている。

Bizarre footage of black figure in forest dubbed ‘best ever Bigfoot sighting’ (Daily Star)

 2013年10月24日、ジョッシュ・ハイクリフさんは、米ミシシッピ州北西部のトゥーニカから西に約14.5キロの森の中でハンティングをしていた。午後6時ごろ、道路からそれほど離れていない湿地に座って夜が来るのを待っていたジョッシュさんは、背後の藪の中でガサガサという音を聞いた。獲物だと思い覗き込んだ彼は、45メートルほど先に巨大な黒い生物がいることに気づいた。

画像は「Daily Star」より引用

 それは大きな頭と広い肩を持った生物で、高さ2メートルほどの枯れ木の前にしゃがみ込んで、木を掘り返しているように見えたという。その大きさや形から見て、どう見てもクマではなかったといい、ジョッシュさんは激しい恐怖と逃げ出したい衝動にかられたという。しかし彼は勇気を振り絞り、持っていたiPhoneでその生物を撮影したのである。そして撮影し始めて2分ほど経った頃、その生物は急に立ち上がり、ジョッシュさんは恐怖を耐え切れずに逃げ出してしまった。

 ジョッシュさんがこの動画をYouTubeにアップすると、動画はすぐに評判となり、すでに35万回再生され、さまざまなニュースサイトやUMAマニアのブログで紹介されることとなった。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年8月25日 09:04 | 返信

銃が普通に出回っている国で、自分ならこんな着ぐるみを着て自演などしたくない。
自演中と知らない第三者に撃たれる可能性を考えたら恐ろしい…。

6:匿名 2019年8月21日 13:28 | 返信

独り善がり

5:匿名 2019年8月21日 06:31 | 返信

素晴らしい動画。本当に貴重だと思う。
逃げ出したのも、正解。正体が判明していない野生動物は、それなりに理由がある。追跡能力が高いかもしれないし。

4:匿名 2019年8月21日 03:59 | 返信

間違いなくホンモノ。

3:匿名 2019年8月20日 20:51 | 返信

わざわざYouTubeまで行って画質上げて見たけど、後ろ姿で顔見えないし小さ過ぎるしやっと立ったと思ったらすぐ逃げるだから信用する人も少ないだろうね。

2:匿名 2019年8月20日 18:41 | 返信

世界中の事故や犯罪の決定的瞬間は鮮明なのに、何故かUMA映像は何時も不鮮明~♪

1:匿名 2019年8月20日 12:18 | 返信

アップでとれや~!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。