【インタビュー】托鉢僧には暴力団関係者が紛れている場合も!? イカサマ僧侶の正体は… 狡猾すぎる「托鉢シノギ」の実態!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
イメージ画像:「Getty Images」

 昨今、托鉢(たくはつ)僧を見かける機会が増えたことにお気づきだろうか。托鉢とは、僧が鉢(はち)を持って家の前や街頭に立ち、経文を唱えることで米や金銭の施しを受けるとともに、人々には功徳を与えること。仏教やジャイナ教など古代インド宗教の出家者の修行形態の一つだという。日本の托鉢には奈良時代、中国から伝わり、大仏建立などの建設に大いに寄与したという。

 しかし、あの手この手で悪事をはたらこうとする連中がのさばる現代社会において、托鉢のような行為のウラで、何らかの闇や悪意が渦巻いているケースはないのだろうか? 疑問に思ったトカナは、一人の托鉢僧をしつこく質問責めにして、その背後にある組織と接触することができた。

■托鉢僧を問い詰めてわかった衝撃の事実

 先に述べたように、本来の托鉢は金銭ではなく食べ物を施してもよいもの。しかし現在、街頭に立っている修行僧の鉢に食べ物を入れるようとすると拒否される。托鉢僧を見つけた筆者は、近くのコンビニエンスストアで売っていたおにぎりを購入し、ねぎらいの言葉を掛けるとともに托鉢僧の鉢に入れようとしたのだが、拒絶されてしまったのだ。

 そこで、こちらも身分を明かしたうえで(ネットで仕入れた情報ではあるが)質問攻めにすると、僧侶は携帯電話で何者かと連絡を取りはじめ、その何者かと近くの喫茶店で会うことになったのだ。そして衝撃の事実を知ることになる。なんと、その托鉢を仕切っていたのは筆者の間接的な知り合いの”暴力団関係者“だったのだ。

「まさか、このシノギまで追いかけて来るとは思いませんでした」

 男は困ったように語る。そこで、このシノギを始めたきっかけなどを聞くことにした。

「10年以上前、ためしに外国人留学生をバイト感覚で雇ったら結構な金になったので、これはシノギになると思って始めました。今ではマネする人間も多いですが、インチキ修行僧は自分らが最初だと思います。

 修行僧が集まると街のみなさんは結構嫌がるんですよ。小さい会社の前とかで5、6人が集まってお経を唱えると、止めてほしいって数万円くれたりすることもありますから。それを1日に何回もやってると、まとまった金になるんス」

ーー人々から集めたお金はどうしているのか?

「まずは日当で(インチキ)修行僧たちに払います。歩合ですね、平均して3000円位ですかね。1万円集めたらその3割になるわけですから、悪くはないと思います。残りは利益ですね」

 悪びれた表情も見せずに語る。

ーー今日は駅前に何人も立っていたようだが、普段どのようにして托鉢の場所を決めているのか?

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

5:匿名 2019年9月24日 10:41 | 返信

インチキ僧侶は江戸時代にも存在したそうだ
車輪の再発明ならぬ詐欺の再発明か

4:2の中の人 2019年9月24日 02:27 | 返信

あ、そうそう。
ちなみにこの著者は日本の僧侶は全員出家していないとも語っていました。ちょうどその読んだ小説の中にも記載されていた。
というのも出家とは読んで字のごとし『家を出る』と書くだから出家。出家し、お寺で働いているは出家ではないと。
だからこの著者は実際に本当に家を出た人、つまり山奥で修行している僧侶や洞窟に引きこもっている僧侶たちを訪ねてまわりその人たちと修行を重ねた。その人たちは“死ぬまで”家には帰らなかったそうだ。いや、死んでもか。死体はその場で火葬され、そのまま埋葬されただろうから。
それにしてもこの著者は聖人のような人たちや、逆に反社会勢力とも繋がりがあるかのような小説も書くし、強そうな格闘家たちとも繋がりがあるようだ。相当な修羅場を潜りに潜り抜けて来た人物であることを伺い知ることができる。

3:お寺の中の人 2019年9月23日 21:41 | 返信

まともな托鉢僧は、「看板袋」というお寺の名前の入った袋を首から下げてます。
これがまず見分けるポイントです。他にも有髪であるかどうかもそうです。
浄土真宗のお坊さんは有髪ですが、彼らは基本的に「托鉢」はしません。だから
有髪で托鉢をしているお坊さんは、その時点で怪しい、と言えるでしょう。
網代笠でパッと見は分かりにくいですが、少し離れて覗き込めば見えます。ご注意
ください。

2:匿名 2019年9月23日 09:13 | 返信

今、反社会勢力や暴力団との繋がりとその周辺の人たちの人間模様を描いた作品を読んでてリアルタイム過ぎてワロタw
この本フィクションともドキュメンタリーとも書かれてありませんが半分ほどは実話なんだろうなあ。この著者の前作はそういう作品だったから。

1:匿名 2019年9月23日 08:32 | 返信

>筆者の間接的な知り合いの”暴力団関係者“だったのだ。

そうか、トカナは反社会的勢力と繋がりがあるのか。
マスコミも反社から映像を提供(買ったり)してもらってるけど、今のご時世で堂々と反社との繋がりを書いて大丈夫なのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。