米国の”極秘UFO”が遂にイランをガチ攻撃! 速射砲の嵐をかいくぐる圧巻映像が流出…エイリアン技術搭載型か!

米国の極秘UFOが遂にイランをガチ攻撃! 速射砲の嵐をかいくぐる圧巻映像が流出…エイリアン技術搭載型か!の画像1
画像は「Twitter」より

 14日未明、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの石油生産施設が攻撃を受けた。イランが関与しているものと見られ、米国は同国への制裁を強化する見通しだ。イランが支援するイエメンのイスラム教フーシ派は、爆撃に使用されたのは10機あまりのドローンだと犯行を認めているが、一方アメリカもとんでもないドローンでイランを攻撃していた可能性が浮上した。なんと、エイリアン技術を用いた地球製UFOだというのだ。

 9日にツイッターアカウント「@khaamenei_ir」が、驚愕の映像を投稿した。速射砲の嵐の中、一機のドローンが全ての弾丸を避けながら高速で飛行している映像だ。英紙「Daily Star」(9月18日付)によると、この映像は8日に撮影されたもので、場所はパキスタン国境に近いイラン・サラーバーンだという。

 ずんぐりとしたブーメランのような形の発行体が無数の速射砲を悠々とかわしていく。SF戦争映画のような光景だが、実際に撮影されたものなのだろうか? 真偽のほどは分かっていないが、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っている。

 ツイッターアカウント「@khaamenei_ir」は、アメリカの無人機ではないかと推測しているものの、これは疑わしい。今年6月に米軍無人機「RQ-4Aグローバルホーク」が領空侵犯によりイランで撃墜されているが、形状が全然似ていないばかりか、機体が光るような装備もない。

米国の極秘UFOが遂にイランをガチ攻撃! 速射砲の嵐をかいくぐる圧巻映像が流出…エイリアン技術搭載型か!の画像2
RQ-4 グローバルホーク。画像は「Wikipedia」より

 そうした中、陰謀論系YouTubeチャンネル「DiscloseTV」は、「群は無人のスパイ機だと考えているが、この飛行物体は速すぎます。空中で静止もしているし、旋回も素早く、急な加速もしています。エイリアン技術だと見るべきでしょう。エイリアンのUFOもしくは、地球製UFOです」と指摘している。

 他にも「イラン革命軍はUFOを撃墜しようとしている」、「全体が光り輝き、速度も速い。アメリカかイスラエルの機密テクノロジーに違いない」、「あの砲撃の中に普通のドローンが入ったら5秒ももたない」との声があり、多くの人がUFOだと考えているようだ。

米国の”極秘UFO”が遂にイランをガチ攻撃! 速射砲の嵐をかいくぐる圧巻映像が流出…エイリアン技術搭載型か!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで