アメリカ最初のUFO目撃「空飛ぶ光るブタ」がヤバい! 17世紀政治家が記録、UFO概念がないのにアブダクション体験も! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 光るブタが空を飛んでいた――これは17世紀前半、米国の著名な政治家が書き残したアメリカ最古とされるUFO目撃証言である。大西洋を横断し、イギリスから新世界にやって来たピューリタンたちは、ボストンの夜空に一体何を見たのか? オルタナティブメディア「Ancient Code」からご紹介する。

Flaming flying swine: The first documented UFO sighting in America (Ancient Code)

ジョン・ウィンスロップ。画像は「Wikipedia」より引用

 アメリカ東海岸に位置するマサチューセッツ湾植民地(現在のマサチューセッツ州周辺)は、イギリスによって建設された植民地の一つであり、17世紀初頭にイングランドから多くの人々が入植した土地である。アメリカで最初にUFOが目撃されたのは、1639年3月1日のことだった。

 この夜の出来事を書き残した人物がいる。ピューリタンの入植を率いたイングランド出身の名士であり、マサチューセッツ湾植民地の知事を務めたこともある著名な政治家ジョン・ウィンスロップである。残念ながら本人が直に目撃したわけではなく、ジェームス・エヴェレルという真面目で思慮深い男性から次のような話を聞き、自身の日記に書いたものである。

 その夜、エヴェレルが仲間2人とボストンを流れるマディー川でボートを漕いでいると、突然空に大きな光が現れたという。静止した光はまるで燃えるようで、3ヤード(およそ2.7メートル)四方の大きさだったが、走り出すとブタのような姿に形を変え、ボストン北部のチャールトン(現在のチャールズタウン)に向かって矢のように飛んだという。

 光は2~3時間上下しながら浮かんでいた。気が付くと、エヴェレルたちは1マイル(およそ1.6キロ)上流にいたが、どうやってそこまで移動したのかは覚えていなかったそうだ。なおウィンスロップは、その夜に同じ場所で同じ光を見た人々が他にも複数いたと書いている。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。