「慢性疲労症候群」の人々が引き寄せられてしまう村の秘密とは!? 湖畔の病院、謎の実験薬、EBウイルス…=米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 全米科学アカデミーによると、米国には80万人とも250万人ともいわれる「慢性疲労症候群」患者がいる。この病気は極度の疲労を特徴とし、重症患者は、長年寝たきりで、移動したり、話すことができなくなる。

■「慢性疲労症候群」とは

 病気の原因は明確ではなく、何十年もの間、心身症やうつ病の一種と考えられ、「慢性疲労症候群」は「金持ちインテリ層のインフルエンザ」と呼ばれ、揶揄されてきた。しかし現在では、富裕層だけが発症するわけではなく、あらゆる階層・人種に発症することがわかっている。

 現在でも明確な原因がわからないため、研究への資金提供が少なく、米国食品医薬品局(FDA)が認可する薬はない。

「慢性疲労症候群」の人々が引き寄せられてしまう村の秘密とは!? 湖畔の病院、謎の実験薬、EBウイルス…=米の画像1
マイク・マリアーニ氏 「Mikemariani Contently.com」より

 2012年12月、マイク・マリアーニは当時26歳で、ニューヨーク州ウエストチェスター郡にある小さな大学で、非常勤の英語教授として働いていた。クリスマス休暇に風邪のような症状になり、疲れを感じ、のどの痛み、咳、わずかな発熱が起きた。そのうち治るだろうと思ったこの症状は結局1年続き、ついにマイクはマンハッタンの内科医を訪れ、診察を受けた。医師の下した診断は、「慢性疲労症候群」であった。

 その後マイクは、3年間で十数人の医師に会い、牛の肝臓由来のアミノ酸注射や甲状腺を刺激する薬、昆布茶や甘草などの民間療法、またはアンフェタミンや過酸化水素の注射などの治療を試みた。ありとあらゆるテストステロンクリーム、抗ウイルス薬、血しょう注入など、ありとあらゆる治療を試したという。しかし、医療費がかさむ以外は何の変化も起きず、ついにマイクが頼る専門家は皆無になった。

 絶望したマイクだが、2016年にダニエル・ピーターソンという内科医について、耳に一転した。その内科医は、米国ネバダ州インクライン・ビレッジという場所にクリニックを持ち、患者をアンプリゲンと呼ばれる実験薬で治療している。

 米国食品医薬品局はアンプリゲンの承認申請を拒否しているが、ピーターソン医師は、再申請の証拠をさらに集めており、クリニックでの投与は可能という(アンプリゲン投与を1年間、受けるには約4000万円かかり保険の対象外だ)。

「慢性疲労症候群」の人々が引き寄せられてしまう村の秘密とは!? 湖畔の病院、謎の実験薬、EBウイルス…=米の画像2
美しいインライン・ビレッジ 画像は「Wikipedia」より

 マイクは2016年夏、仕事を辞めて車に必要品をまとめ、アンプリゲンを求めて車を走らせた。目指す先はネバダ州のインクライン・ビレッジだ。

コメント

2:匿名 2019年9月27日 11:14 | 返信

私はこの病気に罹っているものの一人だ。
この病気は一見健康に見えるが、まともに動く事が出来ない。
死を覚悟するほどの辛さがある。

慢性疲労症候群、別名 筋痛性脳脊髄炎症の同士にお勧めする治療法が補中益気湯の漢方療法だ。
これで、死ぬほど辛い状態から日常生活をギリギリ動けるまでに回復した。
病院で処方されればそれがいいが、できないならばクラシエのワカゲンをお勧めする。

自分なりの推論
この病気は骨折からウイルスが体の神経系に侵入し、体力が落ちた事がきっかけで初症するのではないかと思われる。

1:匿名 2019年9月25日 09:42 | 返信

発達障碍者の「疲れやすい体質」がこれじゃないの
症状一致してるし

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。