「性格のいいヤクザは絶対に存在しない」指定暴力団の三次団体組長にインタビュー、匿名で好き放題語ってもらった!

関連キーワード:

,

,

,

 先日、関東の某所に事務所を構える指定暴力団の三次団体の組長にインタビューすることに成功した。匿名を条件に、好き放題本音を語ってもらった。

「性格のいいヤクザは絶対に存在しない」指定暴力団の三次団体組長にインタビュー、匿名で好き放題語ってもらった!の画像1

——ヤクザになって何年目なのか?

「今40なので、22年になりますね」

——組を持ったのは何才か?

「今から5年前なので35歳ごろだったと思います」

——刑務所に行った経験はあるか

「2回ありますね。1回目は傷害で3年、2回目は抗争事件の絡みで逮捕監禁の罪名で同じく3年です」

——ヤクザになっていいことはあったか?

「わがままが通るということですかね。好き勝手なことができるじゃないですか。また、それをヤクザだからしょうがないと思われる時代もあったので」

——ヤクザは非常識だと思われがちですが、意外とそうでもないですよね。

「常識は一般人よりあると思います。親分に付いて常識を叩きこまれますから。だけどそれを知っていて悪いことが出来るのがヤクザですよね。だから悪質だとは思います」

——今、組員は何人いるのか?

「私の組は15人位ですね」

——上の組織は直系団体ですが、上納金はどの位払っている?

「私のクラスで毎月30万ですね」

——毎月キツくないのか?

「キツくないと言ったら嘘になりますね。キツいですけど、これだけは払わないとヤクザなんてやっていられないですから」

——どのようなシノギをやっている?

「色々ですね。たとえば今日10万円稼いだら、普通の人は「ホッ、今日は10万円が手に入った」…と、心が落ち着くのでしょうけど、私らはエンドレス。今日儲けても、明日の儲けのとかしか考えられない。だからいろいろなシノギをやるんです」

——ヤクザは弱きを助け強きを挫くとか侠客の理想を言いますけど実際はどうなの?

「そんなのは理想論ですよ。弱きを助けて強い人をやっつけてたら金は入って来ないし、飯食えないじゃないですか。実際は逆です」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ