【奇怪】生前葬イベントに潜入取材! 体験者続々「本当にいい体験」「いつ死んでも怖くない」「棺桶の入り心地は最高」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

“扇風機評論家”で“愛と死をみつめニスト”でもある星野祐毅さんがこれまた奇怪なイベントを開催した。その名も『扇風機評論家・星野祐毅presents みんなで生前葬 ~あなたも棺桶に入れる! 死んでもないのに弔ってもらえる!~』。

 生前葬というのは、存命している人物が自分自身の葬儀を行うことだ。これまで芸能人や落語家などがそれを執り行っていたことがあるが、それはちゃんとした儀式として行われていた。今回は、そのようなものではなく、高円寺パンディット(東京都杉並区)というイベント会場で行われた。プロのお坊さんも来てくれた。

 開場・開演が13時ということなので、ちょっと早く行ってみると、すでにガヤガヤ……。棺桶の中に入れる生け花の準備をしている女性がいる。嬉しそうに白装束の試着をしている人や『遺影』の準備をしている女性もいる。どうやらみんな“元気なうちに死にたい”ようだ。

 そして、ある程度、お客さんも集まったところで『葬儀』が始まった。それも唐突に。トップバッターは、「気合を入れて死んで魅せます!!」と言っていたサラリーマンAさん。

 読経が始まると、「仏説摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時……」。いや、いや、これはホンモノの読経だ。会場は、しめやかな雰囲気に包まれていく。参列者もホンモノの読経にビックリしている。お坊さんは、死者をあの世に送るために一生懸命読経を続ける。真面目だ。しかし、なかなか終わる気配がない。やっと終わったのは、読経を始めて20分くらい経った頃だった。みんな“唖然”としていた。

 

「いやぁ〜、もう本当にいい体験になりました。棺桶の中にいると読経が子守唄のように聞こえてくるんですね。とても気持ち良かったです。読経も長かったですね〜。聞いているうちに眠くなってきましたよ(笑)。棺桶の入り心地も最高でした。大きくもなく小さくもなくといった感じです。これならいつ死んでも怖くないですね(笑)」(サラリーマンAさん)

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年10月21日 20:56 | 返信

うまい料理に、うまい酒、毎日そういうの食ってりゃそれでいいんだよ!
料理はなるべく自分で作ればコストも抑えられ添加物も外食ほどは入らない、外食はしょせん支払った価格のせいぜいが3割ほどしか原価がかかっていないという。千円なら三百円。弁当にいたっては1割以下!五百円の弁当ならたった五十円(こわーい!)
自分でうまい飯作って酒飲んでりゃいつでも棺桶に入る準備もできるというもの。
外食ばかりで体を壊し、年老いて頭もボケてしまっては棺桶にも心置きなく入れぬ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。