武豊が顔面蒼白… 週末のJRA天皇賞(秋)で“ヤバすぎる何か”が起こる! 競馬界の大物OBたちが極秘情報を激白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
武豊が顔面蒼白… 週末のJRA天皇賞(秋)でヤバすぎる何かが起こる! 競馬界の大物OBたちが極秘情報を激白!の画像1
関西馬サートゥルナーリアの取捨は?

■天皇賞(秋)は“何かが起こる”レース

 今週末に開催される第160回天皇賞(秋)は、JRA(日本中央競馬会)で行われるレースの中で、最もドラマチックなレースであり最も豪華メンバーが集結するレース、そして過去がそうであったように“何かが起こる”レースとしても知られている。

 例えば1991年は、当時スーパースターの階段を上がり始めた天才・武豊騎手が、1番人気メジロマックイーンに騎乗して勝利したにもかかわらず、スタート直後に他馬に不利を与えたため、1着から最下位の18着に降着という前代未聞の事件が起きた。レース後に降着を知らされた武豊騎手は、顔面蒼白だったという。さらに1998年、当時最強の快速馬として知られていたサイレンススズカが、第4コーナーに差し掛かった時点で前脚を骨折し競走中止、予後不良となってしまう痛ましい事故もあった。前哨戦の毎日王冠を圧勝し、この天皇賞もまず負けないと誰もが感じていた。もし無事にゴールしていれば、日本競馬の歴史も変わったかもしれない。それだけにこの事件は日本競馬にとっても大きな損失だったと言える。さらに三冠馬ナリタブライアンの大敗や展覧競馬での大波乱など、この天皇賞は記録にも記憶にも残る特別なレースなのである。

 もちろんこの天皇賞は馬券妙味も非常に大きく、過去に高額万馬券が何度も飛び出しており今年も混戦模様で何やら不穏な空気が流れている。今年は最強牝馬アーモンドアイと3歳最強馬サートゥルナーリアの一騎打ちに注目が集まっているが、他にもワグネリアン、スワーヴリチャード、アルアイン、アエロリット、マカヒキ、ダノンプレミアム、ウインブライト、ケイアイノーテックと合計10頭のG1レース優勝馬が出走する豪華メンバーとなった。

武豊が顔面蒼白… 週末のJRA天皇賞(秋)でヤバすぎる何かが起こる! 競馬界の大物OBたちが極秘情報を激白!の画像2
毎日王冠勝ち馬ダノンキングリーは不在

■天皇賞(秋)で一攫千金を果たすためのポイント

 この天皇賞において馬券を的中するために最も重要なのは、人気薄でも好走する確率が高い関西馬の情報をしっかり把握することだ。人気を集めるアーモンドアイは関東馬だが、今年は登録馬17頭中12頭が関西馬と半数以上を占めており、逆転を狙う関西馬が馬券のキーポイントとなるのは言うまでもない。そもそも関西馬の強さは、ここ10年以上も年間勝利数で関西馬が関東馬を圧倒している事実からもわかる。実際に天皇賞(秋)も過去10年で関西馬が7勝と圧倒しているのだ。

 そこで日本で唯一、関西馬情報を専門に扱う「チェックメイト」に、天皇賞(秋)に関する関西馬情報を聞いた。

「今年の天皇賞は、アーモンドアイ、サートゥルナーリアが話題となりそうですが、他にもワグネリアン、ダノンプレミアム、アルアイン、スワーヴリチャード、マカヒキ、アエロリット、ウインブライトなど、多数のG1馬が参戦し、馬券的にも注目の1戦と言えそうです。

 アーモンドアイは今回も上位人気濃厚ですが、安田記念では不利を受けていたとはいえ3着に敗れています。これは『競馬に絶対はない』ことを証明し、今回も安田記念と同様のケースとなるパターンも十分にあるでしょう。

武豊が顔面蒼白… 週末のJRA天皇賞(秋)でヤバすぎる何かが起こる! 競馬界の大物OBたちが極秘情報を激白!の画像3
最強牝馬アーモンドアイに不安?

 中でも注目は関西馬の○○○。今回はアーモンドアイに挑む立場ではありますが、様々な理由から『逆転まである』と陣営は盛り上がっているそうです。もちろん馬の仕上がりも最高潮と言えるほど。チェックメイトでは、この関西馬を馬券の中心と見ています。

 そして人気薄濃厚と見られているあの関西馬も見逃せません。有力馬は先々のジャパンカップや有馬記念、マイルチャンピオンシップや香港カップを見据えて使ってきますが、ここで聞いているその関西馬は「天皇賞に全力投球」との話で、アーモンドアイの撃破すら狙っている雰囲気。ここまでの準備も万端と言えるくらい順調だけに、激走しても驚けないでしょう。

 また人気の関東馬といえば、NHKマイルカップでは断然の1番人気であるグランアレグリアが直線で伸び悩み、そこに関西馬のアドマイヤマーズ、ケイデンスコール、カテドラルで上位独占。チェックメイトでも馬連1万7200円、3連複9万7390円を仕留めています。今回も人気の関東馬が沈み関西馬が上位独占し、特大万馬券となる可能性も十分あります。天皇賞も関西馬に注目してください」

 チェックメイトは、栗東トレーニングセンターの目と鼻の先に本拠地を構え、騎手として日本ダービーを制し、調教師としてオークスを制する偉業を達成した元JRA調教師の清水久雄など、業界内で知られた超大物競馬関係者を筆頭に、多数の情報網が在籍。その情報網は、騎手関係、厩舎関係、馬主関係、牧場関係、外厩関係など、様々なルートに精通しているスペシャリスト。中には現役の競馬関係者と家族同然の付き合いをしている情報網もあり、『本物の関西馬情報』を独占入手できるのだ。その中には「人気の○○には絶対負けない」とか「人気だけど実は脚元が……」といった、マスコミやスポーツ紙などで表に出ない関係者の『本音』がズラリ。こういった本物の関西馬情報を入手できれば、誰もが高確率で馬券に絡む関西馬を把握し、馬券の勝ち組になれるのだ。

 そんな関西馬情報を完全に把握するチェックメイトは、秋華賞の万馬券だけでなく、7万7860円という高額万馬券が飛び出した府中牝馬ステークス(G2)においても、関西馬スカーレットカラーを本命に的中と完ぺきな結果を残した。このレースは関東馬プリモシーンが1番人気に支持されていたが最下位に敗退。これこそ関西馬情報を把握するチェックメイトならではの的中といえるだろう。

 今回チェックメイトによると、「馬券で勝ちたい」「本当の関係者情報を味わってみたい」「関西馬専門情報を見てみたい」と考え、初めて利用する方を対象に「天皇賞(秋)の勝負買い目情報を無料公開」するという。これはまさに絶好のチャンス到来だ。天皇賞(秋)の関西馬情報を無料でゲットできるのだから、これを利用しない手はない。関西馬情報の神髄を知ることは、馬券の勝ち組への最短ルートでもある。ぜひこのチャンスを逃さず活用していただきたい。

・  CLICK → 無料公開! 【天皇賞(秋)勝負買い目!】 チェックメイト

※=本稿はPR記事です。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。