ルーマニアの呪われた森「ホィア・バキュー」に潜む10の謎! 幽霊・UFOの目撃多発、不気味な笑い声、恐怖の視線… “何か”がいる!

 ルーマニア北西部、大都市クルジュ=ナポカの東に位置するホィア・バキュー・フォレストは、「呪われた森」として有名な場所だ。そこでは様々な怪奇現象がたびたび報告されており、幽霊やUFOの目撃も絶えないという。また、地元には200匹もの羊の群れが突然消えたという伝説が残っているそうだ。今回はこのホィア・バキューで起きた不思議な現象や噂をご紹介する。

ルーマニアの呪われた森「ホィア・バキュー」に潜む10の謎! 幽霊・UFOの目撃多発、不気味な笑い声、恐怖の視線… 何かがいる!の画像1
画像は「BBC」より引用

1. 幽霊の目撃

 ホィア・バキューでは幽霊の目撃が絶えない。不気味な影や怪しげな光が目撃されているほか、多数の心霊写真が撮影されている。噂によれば、かつて森の近辺で農民が虐殺されるという事件があり、その霊たちが今も森の中をさまよっているということだ。

ルーマニアの呪われた森「ホィア・バキュー」に潜む10の謎! 幽霊・UFOの目撃多発、不気味な笑い声、恐怖の視線… 何かがいる!の画像2
画像は「Hoia-Baciu Project」より引用

2. UFOの出現

 幽霊だけでなく、UFOも多数目撃されている。ホィア・バキューの中には、なぜか木が全く生えていない場所があるのだが、その空き地はUFOの目撃スポットとされている。

ルーマニアの呪われた森「ホィア・バキュー」に潜む10の謎! 幽霊・UFOの目撃多発、不気味な笑い声、恐怖の視線… 何かがいる!の画像3
画像は「Hoia-Baciu Project」より引用

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ