宇宙を知覚し理解する能力は「赤色」― 最新版・チャクラと各能力・知性の解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

 人間の体の各所には、チャクラと呼ばれるエネルギーの出入り口が存在する。これらチャクラと関係が深いとされているのが虹色である。7つのチャクラはそれぞれ虹の各色と関連づけられており、これらの光と色が身体の癒しや進化を促進するのだという。また、我々の身体と深く関連する虹色は、精神や心にも当然のように共鳴し、知性に影響し、形作る役に立っているとされる。

 今回はスピリチュアルサイト「Dr.Sircus」から、各チャクラがどの色と結びついているか、そして虹の7色がそれぞれどのような知性と関連するか、最新情報をもとに解説しよう。

You Are a Rainbow – Seven Levels of Intelligence (Dr.Sircus)

画像は「Getty Images」より引用

■チャクラと虹色

 チャクラは頭から背骨に沿ってお尻のあたりまでに7つ存在し、関連が深い虹の色で表される。チャクラを知るうえで、基本中の基本だ。

・第1チャクラ(お尻と下腹部の真ん中):赤
・第2チャクラ(おへその下、丹田):オレンジ
・第3チャクラ(みぞおち):黄色
・第4チャクラ(心臓、胸の中央):緑
・第5チャクラ(のどと首の付け根の中央):水色
・第6チャクラ(額の中央):紺色
・第7チャクラ(頭頂部、頭のてっぺん):紫

■知性と虹色

 知性にも様々なレベル、タイプが存在する。虹の各色が示す7つの知性は以下のようなものだ。

・赤:身体的な知性

 赤が示すのは五感を通して宇宙を知覚し、理解する能力である。身体の健康や運動能力を維持するための知識、食事や癒し、医療などの知識にも関連する。

・オレンジ:社会的な知性

 オレンジは自分と他者との関係を理解し、人間関係を育み、維持する能力に関わる。他の人々や社会を分析し、争いや問題を解決する力でもある。

・黄色:理知的な知性

 黄色は情報を整理し、合理的に分析する能力を表す。論理的思考力や問題解決力、判断力などの基礎となる能力である。

・緑:感情的な知性

 いわゆる心の知性を示すのが緑である。他のタイプの知性混ざり合った感情や感覚を理解する力を指す。

・水色:概念的な知性

 水色が示すのは記憶やアイデア、概念といった意味を知覚する能力である。全ての情報を組み込んだメンタルモデルを形成する機能でもある。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。